第590回 【侍ジャパンU-18展望】指揮官のコメントから探るスーパーラウンドへの戦い方2017年09月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

オーストラリア戦で先発予定の磯村峻平(中京大中京)

 第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップは9月7日からいよいよスーパーラウンドが始まる。

日本の日程は以下の通りとなった。

7日 9:30(7日22:30)オーストラリア戦
8日 17:00(9日6:00)カナダ戦 
9日 13:00(10日1:00) 韓国戦 
球場はすべてポートアーサー

とすべて慣れ親しんだメイン球場でできるのは大きい。またボールが見えやすいデーゲーム2試合あるのも、日本にとって追い風が吹いていると考えた方が良いかもしれない。
まずは日本の戦いを振り返りながら、小枝守監督のコメントから、スーパーラウンドの戦いを展望をしていきたい。

光る投手陣の働き

 まずはオープニングラウンドの戦いぶりを振り返っていこう。

【チーム戦績】
日本 10 - 1 メキシコ
アメリカ 4 - 0 日本
日本 7 - 2 キューバ
日本 3 - 1 オランダ
日本 12 - 0 南アフリカ
153打数39安打 2本塁打27打点 チーム打率.255 7盗塁
チーム防御率1.47 43イニング 66奪三振 

 これを見ると分かるのは、投手力が非常に高いことだ。大会前、投手に不安があるといわれていたが、小枝守監督は「不安といわれていますが、僕は決してそうではないと思います。能力は高い投手が集まったと思います」と評価する。その理由として、「耳より前でボールを放ることができる投手が多いからだと思います。強いチームというのは例外なくそういう投手が多い」と独特の表現をした。俗にいう球もちが良い、球もちが長い投手のことである。

 今年は制球力が高く、ストレートの回転数が高い投手が実に多い。三浦 銀二福岡大大濠)、徳山 壮磨大阪桐蔭)の両右腕。ここまで9イニング19奪三振の快投を見せる田浦 文丸秀岳館)も、安定したリリースポイントで投げられる力と技を兼ね備えた左腕である。そしてオーストラリア戦で先発が有力な磯村 峻平中京大中京)について小枝監督は「いわゆる投げべりをしない。疲れにくく、長いイニングも投げられる投手」と評価する。球速など見えるもので評価するのではなく、内側まで踏み込んで評価した今回の侍ジャパン投手陣たち。

 ここまでの活躍は必然といえるかもしれない。

【次のページ】 :投手はどこでもいける準備をしてほしい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神奈川県選抜vsスリランカU-18代表【2018年 練習試合(交流試合)・夏】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第103回 試行錯誤を続ける西のスラッガー・安田尚憲(履正社)、プロでは大爆発を【ドラフト特集コラム】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
日本vsオーストラリア【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs千葉工大【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム