第579回 打線は沈黙、エースは炎上…。惨敗の春から生まれ変わった二松学舎大附の夏2017年08月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

市川 睦(二松学舎大附)

 4月15日に行われた春季都大会の準々決勝で二松学舎大附は、日大三に1-16の5回コールドで大敗した。先発の市川 睦は3回途中で降板し、自責点6。打線は内野安打1本に抑えられるという完膚なきまでの完敗であった。このチームがこの夏、甲子園で勝利の校歌を歌うとは、想像できなかった。

 今の3年生は、1年上に大江 竜聖(巨人)、今村 大輝(明治大)、三口 英斗(上武大)という、1年生の夏に甲子園の土を踏んだ、実力も実績もある先輩たちがいた。3年生にしても、最初は外野手だった市川をはじめ、鳥羽 晃平永井 敦士遠藤 聖生ら、1年生の夏または秋から試合に出ている選手も多く、素材としては早くから期待されていた。しかし、気持ちを前面に押し出してくる先輩たちに比べ、気持ちの弱さがあった。選手個々の個性を見極めて指導する市原 勝人監督にしても、そこが苦労した部分であった。

 その典型が、エースの市川であった。市川は、昨年の春季都大会では、都立日野八王子との試合に好投し、可能性はみせた。けれども決勝戦の関東一戦では、逃げの投球で早々に降板した。市原監督は試合後、市川をチームのバスには乗せず、電車で帰らせた。今年の春季都大会日大三戦では、市川が降板した後、市原監督は試合中にもかかわらず市川に説教を続けた。

 日大三戦の大敗が、市川を変えた。この夏マウンドに立った市川は、今までは別人であった。体格もたくましくなり、球威が増した。何よりも、おどおどしたところがなくなり、気持ちの入ったエースらしい顔になっていた。それは甲子園に行っても変わらなかった。

 初戦となった2回戦の明桜戦、市川は打球を足で止め、三塁走者を本塁で刺したが、これは向かっていく姿勢があればこそのプレーであった。
たくましくなったのは、市川だけでない。二塁手として期待されていた鳥羽は、失策が続き、一時ポジションを失っていたが、俊足の中堅手として攻撃の核になった。

 東東京大会で調子が今一つであった4番の永井は、明桜戦では俊足を生かした内野安打を含め、5打数5安打の大当たりであった。ただし永井の持ち味は、俊足であるのと同時にパワーがあることである。3回戦の三本松戦も含め、長打が出なかったのは、彼としては物足りなかった。

 春から夏にかけて市川をはじめとしてチームは生まれ変わり、甲子園で3回戦に進出した。もっとも、打線があまりに強力であったがゆえに、東東京大会では投手の制球力が良く、守りがしっかりしたチームとの接戦を経験することがなかった。

 三本松戦では、制球のいい相手投手の球を早打ちし、併殺を重ねてチャンスを潰したのが惜しまれる。この経験を1、2年生が受け継ぎ、甲子園でさらに上を狙えるチームに成長していくことを期待したい。

(文・構成:大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第25回 イチローが鈴木一朗として甲子園に出場していた時代【高校野球ヒストリー】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
二松学舎大附vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs広陵【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第25回 二松学舎大附(東東京)【2年連続3回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第753回 【8日目見所】星稜vs済美、浦和学院vs仙台育英など名門同士の対決に注目!【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs都立小山台【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
二松学舎大附vs関東一【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
堀越vs二松学舎大附【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
第473回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「ドラフト6位でもハートの強さで這い上がる!」【後編】 【2016年インタビュー】
二松学舎大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム