第561回 大会ナンバーワン左腕・山下輝(木更津総合)が登場!3日目4試合の見どころを徹底解説!2017年08月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

山下輝(木更津総合)

 第99回全国高等学校野球選手権大会3日目。この日は今大会を代表する投手が数多く登場。4試合ともに接戦が期待できそうだ。そんな3日目の見どころを紹介したい。

木更津総合vs日本航空石川
 日本航空石川は準決勝の星稜相手に逆転勝ちしたように4本塁打を放った長打力が脅威。何を起こすか、分からない。そんな怖さが日本航空石川の魅力である。打線の中心を担うのが4番上田 優弥だ。185センチ97キロと恵まれた体格を誇り、石川大会でも場外弾、星稜戦ではサヨナラ安打を打つなど、勝負強さを見せてきた。

対する木更津総合山下 輝は強力な日本航空石川打線を封じる投球術が求められる。

 木更津総合打線は日本航空石川のエース・佐渡 裕次郎をどう攻略するのか。140キロ超えストレートと切れ味鋭いスライダーをコンビネーションにする投手で、佐渡のペースに持ち込ませず、機動力を織り交ぜながら着実に加点する野球ができれば理想だ。

開星vs花咲徳栄
 開星は大会6本塁打を放った強力打線が最大のウリ、3番葉田 翔人は準決勝で3ランを打ったように、打率.423、2本塁打、11打点、3盗塁、無失策と走攻守で活躍を収めた。葉田を軸にどれだけ打線が機能するのか、カギとなる。

 そして投手陣では2年生エース・中村優真は開きが遅く、しなやかな腕の振りからキレのあるストレートが光る好左腕。制球力にも長け、花咲徳栄打線を苦しめる投球はできそうだ。

 花咲徳栄は、綱脇 慧清水 達也の2枚看板の投球がポイント。打線は3番西川 愛也、4番野村 佑希、5番須永 光のクリーンナップの前にどれだけ走者をためることができるか。埼玉大会では14盗塁と機動力も仕掛けられる。両チームとも総合力は高いだけにハイレベルな攻防、駆け引きが序盤から期待できそうだ。

聖光学院vsおかやま山陽
聖光学院はチーム打率.387と高打率を残したように、どこからでもつながる打線が魅力。接戦を勝ち抜く試合運び、勝負強さは健在だ。投げては甲子園経験者の斎藤 郁也、秋の背番号「1」で制球力の高さがウリの堀田 陸斗、春から急成長の平野サビィ、前田 秀紀の登板も十分あり得そうだ。

 高い投手力で勝負したい聖光学院にとって、初出場のおかやま山陽は難敵だ。チーム打率.386と高打率。3番森下 浩弥、4番井元将弥、投手では小松 章浩大江 海成と140キロを超える投手を2人揃え、総合力では聖光学院に見劣りしない。おかやま山陽の勢いが上回れば、大接戦が期待できるかもしれない。

早稲田佐賀vs聖心ウルスラ
 初出場の早稲田佐賀は、エース・森田 直哉、安在悠哉の両左腕がチームを支える。打線では小部純平がキーマン。佐賀大会では打率6割、6打点、1本塁打と好成績を残した。着実に点を加点して試合の主導権を握りたい。2010年に創立された早稲田大の系属校。念願の初勝利を目指す。

 聖心ウルスラは、最速143キロ右腕・戸郷 翔征の投球がカギ。37イニングで45奪三振と高い奪三振率を誇る。打線は、2本塁打の増田哲志、ロングティーで112メートルを飛ばし、長打力に定評のある請関 史也の2人が軸となる。投打ともにパワフルなチームで序盤から圧倒していきたい。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第787回 秋の千葉も戦国 いきなり習志野vs拓大紅陵など好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第751回 キーワードは「ショートゴロを打て」 欲をすべて捨てた千葉のスラッガー・野尻幸輝(木更津総合) 【2018年インタビュー】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第687回 戸郷 翔征(聖心ウルスラ) 「県外の強豪校を破る投手になりたい」 【2018年インタビュー】
第655回 上田優弥(日本航空石川)「甲子園初アーチは右中間へ打ちたい」 【2018年インタビュー】
おかやま山陽 【高校別データ】
開星 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
聖心ウルスラ 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
早稲田佐賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム