各ブロックの見どころを紹介!

 7月8日から開幕している佐賀大会。今年は秋、春、NHKの上位校が散らばり、混戦が予想される。そんな佐賀大会の見どころを紹介したい。

 秋春連覇で、3年ぶりの甲子園出場に期待がかかる佐賀北。エース・中島 拓朗は160センチと小柄ながら、粘り強いピッチングが光る。試合運びの巧さで頂点を狙う。初戦の相手は塩田工と決まった。同ブロックには、好左腕・江頭 悠哉擁する致遠館、NHK杯4強で、県外の強豪校相手にも結果を残している早稲田佐賀は佐賀県屈指の本格派左腕・緒方 雄大擁する東明館と対決。春4強の鳥栖工を破り、勢いに乗っている。。

 また佐賀学園は、有田工と対戦する。同ブロックで有力校なのは、NHK杯準優勝で強力打線が武器の伊万里農林だろう。

 また強打が光る佐賀商はいきなり春8強の龍谷と対戦する。龍谷は、ポテンシャルの高い逸材が揃い、十分に頂点を狙えるチームだ。同ブロックで怖いのは、秋4強の神埼清明は、三好 永遠、最速143キロ左腕・大江 海透の二枚看板が強力。

 総合力の高さでNHK杯を制し、昨夏優勝の唐津商は、甲子園経験者が多く、投打ともに強力。初戦の相手は、太良唐津青翔の勝者と対戦する。同ブロックでは、NHK4強の敬徳は、杉山 風翔のピッチングに注目。球速は140キロを計時し、さらに打撃も良い投手だ。また強打の北陵と好投手・大石 朋也擁する鳥栖の一戦にも注目だ。

(文・構成:河嶋 宗一