7月8日から開幕する宮崎大会。宮崎といえば、剛腕投手輩出県だ。現在はともにソフトバンクで活躍する寺原隼人、武田 翔太、昨年プロ入りした150キロ右腕・山本 由伸都城-オリックス)など全国的に見ても、これほど投手の人材のレベルが高い県はそうはない。今年も好投手が多く揃った大会となった。そんな同大会の見どころを紹介したい。

プロ注目投手の投球を見逃すな!

 今年の宮崎でプロ注目の投手として名前が挙がるのが藤谷 勇介延岡学園)である。183センチの長身から投げ込む速球は145キロを計測。変化球の切れも高く、プロからの評価も高いが、まだ公式戦では大きな結果を残し切れていない。藤谷にとって野球人生がかかった夏となるだろう。初戦の相手は、延岡と対戦する。同ブロックで注目なのは、宮崎日大。こちらも最速147キロ右腕・木幡倫太郎などタレント揃いの布陣だが、あと一歩というところで負けるゲームが多かった。宮崎日大は昨夏準優勝の宮崎商と春ベスト8のと勝者と初戦から実力校と対戦することが決まった。

 シード校の鵬翔都農と対戦。同ブロックでは秋ベスト8の日向、実力校・都城が怖い存在か。同ブロックのシード・日章学園宮崎西と対戦。ここで怖いのがノーシードの聖心ウルスラ。最速143キロ右腕・戸郷 翔征上村 奎仁林田 蓮瑚の2年生投手トリオは他校にとって脅威となりそう。県北高校野球競技力大会で、ロングティー部門で112mを飛ばして優勝した請関 史也、。ベースランニング部門で3位となった宮原 倭大など個々の能力は非常に高い。ノーシードながら頂点は十分に狙えそうだ。

 シードの都城商は最速143キロ右腕・森遼太郎の投球がカギ。安定感が高く、他県の強豪校相手にも好投を見せており期待は高い。打線のレベルも高く、注目だ。初戦の相手は小林西と対戦する。同ブロックのシードは都城東。下級生の時から主軸として活躍する主将・祝出 一慶、安定感抜群の左腕・小川 真弥を軸に、守り勝つ野球で勝負する。同ブロックなのは春4強入りの宮崎南。序盤戦から激しい攻防が期待できる。

 シードの高千穂は、佐土原と対戦。そして春優勝で、2年連続の夏の甲子園出場に期待がかかる日南学園日南学園はエースの上野 椋太が安定感抜群のピッチングを見せる。そして県内上位の守備力の高さ、試合運びの巧さは相変わらず。優勝候補に挙がるチームだろう。日南学園の初戦の相手は、宮崎海洋と対戦する。

(文・構成:河嶋 宗一