第517回 【鹿児島展望】シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!2017年06月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]神村学園―武岡台パート / 大島―樟南パート
[2]鹿児島城西―れいめいパート / 池田―鹿児島実パート

 第99回全国高校野球選手権鹿児島大会の組み合わせ抽選会が6月17日、鹿児島市の鶴丸高校文化館で行われた。

 今大会の出場校は2つの連合チームを含む73チーム78校。大会は7月1日に鹿児島市の県立鴨池球場(雨天時は鴨池ドーム)で開会式があり、県立、鴨池市民の両球場で17日まで(雨天順延)夏の甲子園を目指した熱戦を繰り広げる。開会式の選手宣誓は鹿児島第一の萩原健士郎主将(3年)が務める。

 抽選会では参加校の投票でシード校が選出され、神村学園鹿児島実鹿児島城西樟南大島れいめい池田武岡台の8校がシードとなった。このあと残りチームが抽選し、対戦カードが決まった。

 春の鹿児島、九州、NHK旗と3大会で優勝した第1シードの神村学園を筆頭に、九州準優勝の鹿児島実、NHK旗準優勝の鹿児島城西などシード勢が優勝争いのカギになりそう。神村学園沖永良部鹿児島実鹿児島情報樟南加治木れいめい錦江湾池田鹿児島と対戦するなど、シード校の初戦に好カードが多い。昨年に比べると上位チームにも絶対的な計算ができるエースが見当たらない分、ノーシード校の快進撃も十分期待できそう。

 昨夏はシード校が序盤で姿を消す番狂わせが多かった一方で、樟南鹿児島実が史上初の延長15回、引き分け再試合で決勝戦を争うなど、甲子園を勝ち取るためには地に足の着いた本物の実力が問われることも印象的だった。梅雨の影響で大会日程が延びることも考えた上で、長丁場の戦いを勝ち抜く心技体をどれだけ準備できるか、カギになりそうだ。

 ここからは、組み合わせを4つのパートに分けて大会の展望を考えてみた。

神村学園―武岡台パート

青柳 貴大(神村学園)

 春以降、公式戦負けなしの神村学園が頭一つ抜ける。強力打線に加えて左腕・青柳 貴大(3年)、右腕・中里 琉星(2年)の両腕が安定し、攻守にスキがなくなりつつあり、5年ぶりの夏に並々ならぬ執念を燃やす。初戦で当たる沖永良部は昨夏、シード鹿児島城西に土をつけた再現を狙う。第8シードに滑り込んだ武岡台は投打にまとまっており、チーム力は高い。好右腕を擁する出水中央も注目の好チーム。好左腕・池田蓮(3年)を擁する鹿屋農鹿屋工の対戦は2回戦の好カード。打線の良い川内商工も虎視眈々と上位進出をうかがう。

大島―樟南パート

 昨夏の代表校・樟南は初戦で加治木と対戦する。チーム力はシード校に引けを取らない尚志館鹿児島工伊集院との対戦が序盤で予想され、気の抜けない戦いになりそうだ。投手陣が安定してきており打線の奮起がカギになりそう。大島は春、NHK旗で4強入りして4年連続のシード校入り。この4年間秋、春、NHK旗と公立では群を抜く勝率を誇るが、夏は14年のベスト16が最高戦績。知将・塗木哲哉監督の下、更なる上位進出に燃える。鹿児島玉龍加治木工、この春から新監督が就任した強豪校の戦いぶりも注目したい。

【次のページ】 鹿児島城西―れいめいパート / 池田―鹿児島実パート

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1009回 「まだまだ」のチームが射止めた甲子園出場 鹿児島城西(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs加治木工【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
沖永良部 【高校別データ】
都立大島海洋国際(派遣:都立狛江) 【高校別データ】
都立大島(派遣:都立東大和) 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
加治木工 【高校別データ】
鹿屋農 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
錦江湾 【高校別データ】
志布志 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
種子島 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム