第486回 26日開幕!静岡、至学館など出場8校の戦力分析!【春季東海大会展望】2017年05月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「打てない至学館」からの脱皮
[2]総合力の高さは静岡が一番
[3]岐阜から中京・大垣日大が登場/三重は津田学園に注目

日程付きのトーナメント表をチェック!



川口 龍一(至学館)

「打てない至学館」からの脱皮

 昨秋の決勝を争い、ともにセンバツ出場を果たした静岡至学館が、この春もそれぞれ出場する。この2校が中心となっていくであろうが、初戦を突破すれば、準決勝で対戦する組み合わせになっているのも興味深い。

 愛知県大会を制した至学館は、センバツでは開幕試合で市立呉に延長の末に敗退した。わずか4安打で5点を奪ったのだが、もっと打っていれば勝てた試合でもあった。そんな反省もあって、「打てない至学館からの脱皮」がこの春季大会のテーマでもあった。

 県大会序盤では、まだまだ、パワーアップさせたはずの打撃が爆発しきらなかった。「どんな形からでも、得点を取れるということで言えば、県内でもトップレベルだと思う」という麻王 義之監督だが、準々決勝では豊橋中央に勝ったものの、内容が不甲斐なかったことで一喝。これでようやく気合が入って、選手全員がその意識を示すためにも丸刈りとなって挑んだ準決勝では栄徳の好投手釜谷 竜哉君から、初回に3点を奪うなどして粉砕。さらに決勝でも、東邦投手陣から17安打9得点と打ちまくって、振り込みの成果を示した。この勢いが維持されていれば、この大会でも面白い存在となるはずだ。新美 涼介君と左の変則川口 龍一君の両投手も健在だけに、一番の注目校となりそうだ。

【次のページ】 総合力の高さは静岡が一番

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第784回 各地区の1位校にフレッシュな印象で、混戦は必至か?静岡の秋を占う!【大会展望・総括コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
第768回 秋の岐阜開幕!鍛治舎体制で強化中の県岐阜商、中京学院中京、夏の覇者・大垣日大が中心か【大会展望・総括コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
金足農vs大垣日大【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【10日目見所】東の名門校対決 花咲徳栄vs横浜の一戦を制するのは??【大会展望・総括コラム】
大垣日大vs東海大星翔【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
東邦vs至学館【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
豊橋中央vs岡崎工【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
至学館vs丹羽【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第482回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「静岡の3年間、そして甲子園5試合の経験はかけがえのない財産」【後編】 【2016年インタビュー】
第481回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「名門・静岡のユニフォームを身に纏うために努力したこと」【前編】 【2016年インタビュー】
池谷 蒼大(静岡) 【選手名鑑】
奥村 光一(東海大翔洋) 【選手名鑑】
小鶴 純貴(中京) 【選手名鑑】
竹内 奎人(静岡) 【選手名鑑】
田中 来起(東邦) 【選手名鑑】
古田 星投(中京) 【選手名鑑】
宮坂 元規(大垣日大) 【選手名鑑】
大垣日大 【高校別データ】
近大高専 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
中京 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
東海大静岡翔洋 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
豊橋中央 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム