目次

[1]A・Bブロックの見どころ
[2]C・Dブロックの見どころ

 強豪と呼べる高校が20校近くあり、優勝するには8回勝たなければならない。そんな激戦区・大阪を勝ち抜くのは容易ではない。ただ177校(連合チームを含む)が頂点を争った夏よりも参加校は7校減って170校。その中には大阪のみならず高校野球の中心であったPL学園も含まれている。
時代の一区切りを感じさせる大阪で選抜出場を懸けた熱戦が始まる。

Aブロック 初芝立命館、阪南大高、桜宮など実力校が多数!

 戦力的に飛び抜けたチームはおらず多くの高校に勝ち抜くチャンスがある。そんな中、有力視されるのはオフの間に走るよりもトレーニング重視で長打力の増した初芝立命館や2学年でも100人近い部員数のいる阪南大高、公立の雄・桜宮などか。ベスト8の常連・東大阪大柏原はその先を虎視眈々と狙い、大阪産大附畑中 正義(2年)、芳村 耀祐(2年)ら打線が投手陣を援護したい。

Bブロック 上宮、上宮太子など有力校がひしめく混戦ブロック

巻 大地(上宮)

 大阪商業大高都島工は対戦が実現すれば楽しみなカード。上宮には春に大阪桐蔭瀬戸際まで追い詰めた左腕の巻 大地(2年)、上宮太子には日野 利久監督が厚い信頼を寄せる森田 輝(2年)と旧チームから背番号1を背負うエースがいる。

 他にも夏準優勝金光大阪、楽しみな1年生の多い近大附、攻守にそつのない浪速らがベスト4進出を争う。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。