目次

 24日(日)東東京大会準々決勝4試合が開催される!
【試合日程】
8:30 関東一vs修徳
11:00 都立江戸川vs二松学舎大附
13:30 東亜学園vs日大豊山
16:00 都立城東vs帝京

 東東京大会はここまで、都立桜修館小林 宗弘や、都立足立西秦山 優唯斗ら、これまであまり知られていない選手にも逸材がかなりおり、好ゲームが多かった。ただし8強の顔ぶれは、昨夏準優勝日大豊山岩倉を破った以外は、シード校が順当に勝ち上がった。

■ベスト8のチーム分析!

米田 克也(関東一)

厚い選手層で後半の戦いに挑む―関東一

 昨夏の東東京大会、秋春の都大会優勝の関東一であるが、4回戦の堀越戦では、米田 克也のサヨナラ2ランでかろうじて勝つ大苦戦。それでも、夏の経験者がほとんどいないこのチームには、いい経験になった。米田は都立足立西戦(試合レポート)でも、本塁打1本、二塁打2本と打線を牽引。一塁手の石橋 康太、二塁手の宮田 蒼太という2人の1年生もスタメン起用され、チーム内の競争は激しい。3試合とも違う投手が登板しているのも、層の厚さを示している。

プロ注目・淵上を中心に戦力は充実―修徳

 プロ注目の巧打者・渕上 聖司、1年生で正捕手になった2年生の宮本 博文ら、昨夏のメンバーの多くが残り、メンバー的には充実している。投手力がやや弱点だが、エースの飯田 奎太を中心に複数の投手で乗り切る。関東一には秋季都大会準々決勝で自滅に近い形で大敗した。今度は負けられない、下町対決になる。

星野、熊谷を中心にした強力打線―都立江戸川

 春季都大会以来、今年の都立江戸川はよく打つ、というイメージは定着しており、夏も打棒は健在。特に3番星野 充はこれまでの3試合で9打数5安打、4番の熊谷 拓也は同じく7打数4安打と当たっている。エース・山田 良樹5回戦都立高島戦では10安打と打たれながらも、要所を締める投球が光る。

最後の夏に燃える大江らに、下級生も充実-二松学舎大附

 5回戦都立小山台戦では、大江 竜聖関連記事)が奪三振16を記録。ネット裏からは、どこまで飛ばすのかという、驚きの声が漏れた。2年前は、主将の三口 英斗、捕手の今村 大輝とともに、「1年生トリオ」と言われた彼らも、最後の夏を迎え、気合十分。2年生の永井 敦士が2試合連続本塁打を放ち、1年生の堀川 尚希張本 盛雄中沢 航介らがスタメン出場するなど、チーム内の競争も激しい。秋春の都大会は、ともに決勝戦で関東一に敗れているだけに、この夏への思いは、並々ならぬものがある。

⇒次のページへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。