第367回 流れに乗る能代、復活を目指す明桜か?この夏、注目の公立校は?【秋田抽選会後 展望】2016年07月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]夏優勝へ向けて気合が入る能代 PL学園OBが監督を務める明桜も注目
[2]伝統校・秋田や昨年選抜出場の大曲工も面白い存在

 大会ごとに上位が入れ替わる秋田県。この夏、たった1つの甲子園切符を掴みとるのはどこか。47校が競う。

■組み合わせ表もチェック!
【第98回秋田大会組み合わせ表】

夏優勝へ向けて気合が入る能代 PL学園OBが監督を務める明桜も注目

東内 凜(明桜)

 能代昨秋の県大会で準優勝、今春の県大会で優勝し、24年ぶりの甲子園出場に弾みがついている。昨秋、投手に転向したばかりのエース・大塚 聖那は140キロ超えの直球を放る馬力がある右腕。ショートの細田 祐次朗を中心に守備力もあり、攻撃もそつがない。小林 敬介今春の県大会決勝で2本塁打を放っている。92年の甲子園出場時は春の県大会で優勝しており、今回の春制覇は吉兆だ。

 優勝候補の能代のブロックは激戦だ。能代と同じく夏4度の甲子園出場がある本荘昨夏の代表・秋田商昨秋8強の由利工、攻撃力の高い秋田工などが入った。

 秋田商昨夏の甲子園8強入りしたが、現チームは昨秋、今春ともに地区予選敗退。昨年からレギュラーの選手が半分ほど残るチームだったが、結果は残せなかった。それでも、台頭してきた投手もおり、夏本番に向けてチーム力は向上。現チームでの公式戦経験は乏しく厳しいブロックではあるが、夏に強さをみせる伝統があるだけに楽しみだ。

 第2シードの明桜は近年、低迷気味だったが、この春、県大会で準優勝。東北大会では2回戦東海大山形戦で18対12の乱打戦を制し、ベスト8入りした。勝ち進むにつれ失点が多く、投手陣に不安はある。それでも、エース・阪田 悠悟地区予選から県大会準々決勝まで無失点投球を見せている。攻撃力はあるだけにいかに失点を抑えられるかがポイントになりそうだ。

 ここ数年、監督がコロコロ変わり、落ち着かない印象があったが、今回も春の東北大会直後に交代。東北大会まで監督を務めていた阪川 英次氏は上席コーチ、部長だった西野 新太郎氏が監督に配置転換された。西野新監督はPL学園出身で1999年のセンバツ大会に出場している。

 このブロックには能代松陽がいる。以前の能代商で統合により校名が変更。1011年と連続で甲子園に出場するなど、能代商時代に3度の甲子園出場がある。11年には秋田県勢の初戦13連敗を止めて2勝を挙げている。昨秋は3位で東北大会に出場したが、今春は故障者が続出。万全では戦えず、8強止まりだった。戦力が整うであろう夏は5年ぶりの聖地を狙う。

 14年夏の甲子園に春夏通じて初出場した角館もこのブロック。2年前、1年生ながら6番・サードで全国舞台を経験したのが小木田 敦也だ。昨年からエースナンバーを背負い、秋は県南地区大会で2試合連続完封。県大会では初戦で能代松陽に敗れたものの、最速146キロをマークするなど、県内屈指の右腕だ。今春は県南地区大会で15年ぶりのV。県大会では初戦では大曲工に敗れたが、投打に柱であることには間違いない。

 その他、このブロックには、二ツ井・小坂雄勝・矢島と2つの連合チームが入った。また、近年、好成績を残す秋田南もいる。

⇒次のページ:伝統校・秋田や昨年選抜出場の大曲工も面白い存在

このページのトップへ

【次のページ】 伝統校・秋田や昨年選抜出場の大曲工も面白い存在

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
伊集院vs明桜館【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第23回 1年生捕手・野呂田漸(秋田中央)。指揮官、先輩から絶大な信頼をされる理由【101回大会特集】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第24回 秋田中央(秋田)【45年ぶり5度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
鹿児島玉龍vs明桜館【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
明桜館vs与論【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
明桜vs弘前東【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
第243回 東京ヤクルトスワローズ 石川 雅規投手「大きい人に負けたくないという気持ちが一番の原動力」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
浅利 賢宏(大曲工) 【選手名鑑】
石井 裕也(大曲工) 【選手名鑑】
石垣 克貴(秋田中央) 【選手名鑑】
大塚 聖那(能代) 【選手名鑑】
小木田 敦也(角館) 【選手名鑑】
小野 魁晟(秋田中央) 【選手名鑑】
金沢 龍介(秋田) 【選手名鑑】
貴俵 健(横手) 【選手名鑑】
小林 敬介(能代) 【選手名鑑】
佐藤 宏樹(大館鳳鳴) 【選手名鑑】
佐藤 泰輝(大曲工) 【選手名鑑】
鈴木 理公(大曲工) 【選手名鑑】
阪田 悠悟(明桜) 【選手名鑑】
藤井 黎來(大曲工) 【選手名鑑】
古谷 司(秋田中央) 【選手名鑑】
細田 祐次朗(能代) 【選手名鑑】
守沢 康陽(大曲工) 【選手名鑑】
秋田 【高校別データ】
秋田工 【高校別データ】
秋田商 【高校別データ】
秋田中央 【高校別データ】
大館桂桜 【高校別データ】
大館工 【高校別データ】
大館鳳鳴 【高校別データ】
大曲工 【高校別データ】
雄勝・矢島 【高校別データ】
角館 【高校別データ】
能代 【高校別データ】
能代松陽 【高校別データ】
二ツ井・小坂 【高校別データ】
本荘 【高校別データ】
明桜 【高校別データ】
由利工 【高校別データ】
横手清陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム