第363回 一関学院、花巻東の私学だけではなく、釜石、一関工の戦いぶりに注目!【岩手抽選会後 展望】2016年07月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]一関学院は昨夏の悔しさを晴らすことができるか?
[2]盛岡大附は、打線で勝負 公立校で注目なのは?

 ここ数年、盛岡大附花巻東が交互に夏の代表校になっている岩手。今年のセンバツ大会には21世紀枠釜石が出場し、春の県大会一関学院が優勝したものの、地区予選では公立校も健闘を見せるなど、県全体のレベルは高くなっている。

■組み合わせ表は以下から
【第98回岩手大会組み合わせ表】

一関学院は昨夏の悔しさを晴らすことができるか?

熊谷 星南(花巻東)

 2年連続で第1シードの一関学院昨夏は決勝で花巻東と延長13回の死闘の末に敗れた。昨秋は3位で出場した東北大会で7年ぶりに4強入り。今春の東北大会は優勝した東北に初戦で敗れた。伝統的に守備力の高いチームだが、今年も健在。183センチの大型遊撃手・小林 亮介に俊足巧打の二塁手・小椋 元太が中心で投手陣もエース左腕・大竹 樹希哉を筆頭に多彩だ。2010年以来となる甲子園出場はなるか。

 一関学院の初戦は遠野緑峰釜石の勝者。釜石は昨秋、県大会で準優勝し東北大会に出場、21世紀枠でセンバツ大会に出場した。センバツ大会では同じく21世紀枠で出場の小豆島(香川)と初戦で当たり、2対1で勝利。エース・岩間 大を中心に再び、旋風を起こせるか。

 今年の岩手には前沢宮古水産沼宮内大迫雫石の5校で合同チームを組んだ「五校連合」が入った。初戦は伝統ある大船渡だ。

 毎年のように好チームに仕上げてくる盛岡三。この春は地区予選で敗れ、県大会出場はならなかったが、夏に近づくにつれて順調な仕上がりを見せている。県大会初戦で盛岡中央に延長12回サヨナラ勝ちし、8強入りした釜石商工もこのブロックで、初戦は一関一だ。

 第2シードは花巻東。マスクをかぶる福島 圭斗、プロ注目の熊谷 星南、191センチで投手も兼任する千葉 耕太と、昨夏の甲子園経験者が多く残っている。昨秋は2回戦で盛岡大附に敗れ、早くに公式戦が終了。一冬の鍛錬で、今春の県大会準決勝では盛岡大附に11対3でリベンジ。春の東北大会では東陵にコールド負けしたが4強入りした。甲子園常連ではあるが、夏の連覇はまだない。初の連覇になるか、戦いぶりに注目だ。

 初戦は盛岡工花巻農の勝者。盛岡工今春の盛岡地区予選盛岡大附と接戦を演じている。昨秋4位、今春8強の花巻南もこのブロックに入った。この春の花巻地区予選決勝では花巻東に延長10回サヨナラ負けと惜敗。初戦は楽天・銀次の母校・盛岡中央と戦う。このブロックには春夏6回の甲子園出場がある専大北上もいる。その専大北上今春の北奥地区予選で13対3の6回コールド勝ちを収めた黒沢尻工も同ブロックだ。

このページのトップへ

【次のページ】 盛岡大附は、打線で勝負 公立校で注目なのは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第229回 佐々木朗希はプロでどこまで通用するのか、大谷と徹底比較!【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第587回 植田 拓(盛岡大附)「モリフメソッド+右手の押し込みで高校通算60本塁打超!」 【2017年インタビュー】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
岩間 大(釜石) 【選手名鑑】
植田 拓(盛岡大附) 【選手名鑑】
大竹 樹希哉(一関学院) 【選手名鑑】
小椋 元太(一関学院) 【選手名鑑】
熊谷 星南(花巻東) 【選手名鑑】
小林 亮介(一関学院) 【選手名鑑】
佐々木 大和(盛岡商) 【選手名鑑】
佐々木 大和(金足農) 【選手名鑑】
塩谷 洋樹(盛岡大附) 【選手名鑑】
千田 雄大(高田) 【選手名鑑】
千葉 耕太(花巻東) 【選手名鑑】
千葉 健志(一関工) 【選手名鑑】
福島 圭斗(花巻東) 【選手名鑑】
一関学院 【高校別データ】
一関工 【高校別データ】
一関一 【高校別データ】
伊保内 【高校別データ】
大迫 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
釜石 【高校別データ】
釜石商工 【高校別データ】
黒沢尻工 【高校別データ】
雫石 【高校別データ】
専大北上 【高校別データ】
千厩 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
大東 【高校別データ】
遠野緑峰 【高校別データ】
沼宮内 【高校別データ】
花巻農 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
花巻南 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡工 【高校別データ】
前沢 【高校別データ】
水沢農・北上翔南・雫石 【高校別データ】
宮古水産 【高校別データ】
盛岡工 【高校別データ】
盛岡商 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
盛岡三 【高校別データ】
盛岡中央 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム