目次

[1]カギを握るコンディション調整
[2]各ブロックに強豪校同士の対戦が多く実現!

■こちらもおススメ
【春夏連続、連覇に挑む鹿児島実 阻むのはどこか?】
■組み合わせ表を見ながら展望を読んでみよう
【第98回鹿児島大会組み合わせ表】

カギを握るコンディション調整

 第98回全国高校野球選手権鹿児島大会の組み合わせ抽選会が6月18日、鹿児島市の鶴丸高校文化館であった。
今大会の出場校は2つの連合チームを含む73チーム78校。大会は7月2日に鹿児島市の県立鴨池球場(雨天時は鴨池ドーム)で開会式があり、県立、鴨池市民の両球場で18日まで(雨天順延)夏の甲子園を目指した熱戦を繰り広げる。開会式の選手宣誓は鹿児島中央の穴井 快英主将(3年)が務める。

 抽選会では参加校の投票でシード校が選出され、鹿児島実樟南神村学園鹿児島城西れいめい大島鹿屋中央加治木の8校がシードとなった。このあと残りチームが抽選し、対戦カードが決まった。

 センバツ出場、NHK旗優勝の第1シード鹿児島実を筆頭に、NHK旗準優勝の樟南春優勝神村学園、好投手を擁する鹿児島城西れいめい大島の6強が優勝争いの軸になりそう。大会中に勢いをつかんでこれらを倒す「ダークホース」はどこかも注目したい。

 毎年のことだが、大会は梅雨時期と梅雨明けの時期に重なる。昨年は雨で大会が5日順延し、梅雨明け後は急激な暑さのため試合中熱中症にかかったり、足がつる選手が続出し、強豪校が足をすくわれた試合もあった。暑さ対策、熱中症対策も含めて試合に向けたコンディション調整が大きなカギになりそうだ。組み合わせを4つのパートに分けて大会の見どころを述べる。

【鹿児島実-加治木パート】

綿屋 樹(鹿児島実)

 第1シード鹿児島実が頭一つ抜けている印象があるが、第8シード加治木をはじめ県立の実力校がそろっており、打倒・鹿児島実に牙をむく。鹿児島実は不動の4番・綿屋 樹主将(3年関連記事)を中心に、選手層が厚く、相手に対応した投手起用、打順が組めるところが強み。春4強加治木は、5月のインターハイ県予選準優勝のサッカー部に続く快挙を狙う。江口 将平(3年)、駒壽 大地(3年)の好バッテリーを擁する池田はこのパートの台風の目になりそう。南薩地区の薩南工、大隅地区の鹿屋農曽於など各地区で成長著しいチームの戦いぶりも注目したい。鹿児島枕崎は2回戦屈指の好カードだ。

このページのトップへ