目次

[1]新鋭私学対決や伝統校対決に注目
[2]強豪校同士が集まったブロック

 6月23日に第98回全国高等学校野球選手権茨城大会の組合せ抽選が行われた。選手宣誓は、98番を引き当てた取手二の主将が務めることとなった。また今大会は、茨城県高野連の他県に先駆けた取組として、女子部員も開会式で入場行進できることになった。参加100チームのうちシードは10チーム。全体を8つのブロックに分けて序盤戦の見どころなどを紹介していきたい。

■こちらもおススメ
【今年は常総学院が有力か?躍進に期待がかかる茨城の有力校、有力選手を一挙紹介!】
【最速149キロ右腕、茨城県ナンバーワンスラッガーなど今年の茨城も逸材揃い!】
■組み合わせ表を見ながら展望を読んでみよう
第98回茨城大会組み合わせ表

新鋭私学対決や伝統校対決に注目

鈴木 昭汰(常総学院)

■ 第1シード・常総学院ブロック
開幕試合は土浦湖北茨城キリストという見応えのあるカードになった。勝ったチームが第1シード・常総学院への挑戦権を得る。常総学院のリベンジに燃える鹿島学園は1回戦で好左腕・桧山 航を擁す茨城高専と対戦する。前評判では総合力は県内トップクラスである常総学院の脅威となるようなチームはないとみられているが、その中から出てくることを期待したい。

■ 第8シード・日立一/第9シード・常磐大高ブロック
第8シード・日立一は2回戦で水海道二波崎の勝者と対戦する。日立一の対抗馬としては、取手一科学技術学園日立などが挙げられる。第9シード・常磐大高古河二と注目の好投手・長井 良太関連記事を擁するつくば秀英の勝者と対戦するが、つくば秀英が勝ち上がれば2回戦で屈指の好カードとなる。

■ 第4シード・水戸商ブロック
第4シード・水戸商鉾田一鉾田二の勝者、いわゆる鉾田ダービーの勝者と対戦する。鉾田一は投打にまとまりがあり、順当にいけばオールドファンが唸るカードとなる。小瀬下館一守谷鹿島の公立同士のカードも実力が拮抗している。八千代は独創的なゲビルソーランを2試合演奏できるか。竜ヶ崎一水戸啓明も勝ち上がる力がある。

■ 第5シード・藤代ブロック
第5シード・藤代総和工日立工の工業ダービーの勝者と対戦する。好投手を擁す多賀は順当にいけば2回戦で緑岡と対戦。反対側のブロックでは下妻二の力が頭一つ抜けており、藤代の対抗馬になり得る。佐竹牛久栄進も3回戦進出の力がある。

このページのトップへ