第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?2016年06月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 選抜優勝を果たし、活気のある奈良県。やはり智辯学園が優勝候補の筆頭に挙がる。他ではどんな学校が有力なのだろうか。

智辯学園はそのまま突っ走ることができるか?

村上 頌樹(智辯学園)

 選抜覇者智辯学園春季大会を制し夏も優勝の大本命だ。キャプテンの岡澤 智基(3年)が1番として打線を引っ張り主軸には太田 英毅(2年)と福元 悠真(2年)の2人の2年生が並ぶ。太田は足も速くセンス溢れるタイプで、相手バッテリーが隙を見せれば果敢に先の塁を狙う。福元はここぞの場面の1本と長打力が魅力。下級生の頃から夏を経験している納 大地(3年)や4番を打つ力のある大橋 駿平(3年)、髙橋 直暉(3年)などが並ぶ打線は破壊力がある。

 投手陣は選抜5試合を1人で投げ抜きわずか3失点のエース・村上 頌樹(3年)はコントロールが安定し大崩れしない。さらに春季大会近畿大会ではキレ味鋭いスライダーが武器の松本 大地(3年)が好投。投手陣の層に厚みを加えた。また1年生ショート・高塚 勢牧が安定したスローイングが持ち味で、見ていて安心できる選手。さらに打撃を磨いて存在感を示したい。

 ライバルの天理は速球派左腕・森浦 大輔(3年)が打倒・智辯学園に燃えている。2年前の決勝で智辯学園と当たった時には1年生ながら先発に大抜擢。しかし岡本 和真(現巨人・関連記事)らを擁する強力打線の前に4失点を喫し2回の攻撃で打順が回ると代打を送られマウンドを降りた。ラストイヤーに2年越しのリベンジを誓う。野手陣は2年生が中心。パンチ力と足のある神野 太樹(2年)が口火を切り打線に勢いをつけたい。

 関西中央は大型捕手の小口 丞太郎(3年)が引っ張る。二塁送球2.0秒を切る強肩が魅力で、1年夏からレギュラーを獲得しており試合経験は豊富。小口と共に主軸を打つ4番の水野 誉之(3年)は体重108㎏の巨漢で右の大砲。稗田 亮太(3年)を中心に複数投手を擁することも強みだ。秋も春も敗れた相手は智辯学園。最後の夏は譲れない。

 五條の好投手・中内 亮太(3年)は肘の使い方が綺麗な本格派右腕でストレートに球威がある。現部員が入学して以降の最高戦績は2014年春と今春のベスト8だが最後の夏に金星を狙う。

 他にも昨秋、近畿大会に出場した奈良大附、打線に力のある平城、県大会でサイクル安打を達成した竹中 陸擁する登美ヶ丘、強打者・山切 慎也(3年)が主軸を務める御所実高田商、パワーのある強打者・堅木 賢吾(3年)がいる大和広陵などが智辯学園天理を追う。

(文・小中 翔太

注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第170回 岡本、廣岡、太田など智辯学園のプロ、高校、大学野球界で躍動する7人のスラッガーたち【高校野球コラム】
第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集【技術ノート 守備編】
第166回 名手を生み出す天理(奈良)の守備の基礎練習は参考になる内容だった!【野球部訪問】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第165回 「今年は不思議なチーム」天理の近畿8強への道のりと今後の課題【後編】【野球部訪問】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
太田 英毅(智辯学園) 【選手名鑑】
大橋 駿平(智辯学園) 【選手名鑑】
岡澤 智基(智辯学園) 【選手名鑑】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
小口 丞太郎(関西中央) 【選手名鑑】
納 大地(智辯学園) 【選手名鑑】
堅木 賢吾(大和広陵) 【選手名鑑】
神野 太樹(天理) 【選手名鑑】
高塚 勢牧(智辯学園) 【選手名鑑】
竹中 陸(登美ヶ丘) 【選手名鑑】
中内 亮太(五條) 【選手名鑑】
稗田 亮太(関西中央) 【選手名鑑】
福元 悠真(智辯学園) 【選手名鑑】
松本 大地(智辯学園) 【選手名鑑】
水野 誉之(関西中央) 【選手名鑑】
村上 頌樹(智辯学園) 【選手名鑑】
森浦 大輔(天理) 【選手名鑑】
山切 慎也(御所実) 【選手名鑑】
高田商 【高校別データ】
関西中央 【高校別データ】
五條 【高校別データ】
御所実 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
登美ヶ丘 【高校別データ】
奈良大附 【高校別データ】
平城 【高校別データ】
大和広陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小中 翔太
小中 翔太
  • 1988年大阪府生まれ、京都府宮津市育ち。大学野球連盟の学生委員や独立リーグのインターン、女子プロ野球の記録員を経験。主なWebの寄稿は高校野球ドットコム。また、野球専門誌「Baseball Times」にて阪神タイガースを担当し、スポーツナビやYahoo!ニュースにも寄稿する。大阪、京都を中心に関西の球場に出没中。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム