第320回 【千葉展望】やはり今年も戦国!甲子園を狙える強豪校と怖いノーシード校は?2016年06月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]優勝を目指す東海大市原望洋、千葉黎明の課題とは?
[2]やはり怖い木更津総合
[3]拓大紅陵、習志野、日体大柏などノーシードの強豪校が多数!

 各校の拮抗した戦いに「戦国千葉」というフレーズが定着した千葉県。今年も力のあるチームが多く、全国でも戦えるチームが揃った。それだけではなく、シードを獲得した強豪を破る可能性を持ったノーシードの学校も多く、今年も大会が始まれば、多くのファンから「あそこが負けた。今年も戦国千葉だな」という声が聞こえそうだ。そんな今年の有力校を紹介していきたい。

優勝を目指す東海大市原望洋、千葉黎明の課題とは?

島 孝明(東海大市原望洋)

 まず県大会優勝した東海大市原望洋。選手のポテンシャルは全国的に見てもトップクラスと言っていい。エース・島 孝明関連記事)は最速153キロのストレートと曲りが大きいスライダーを武器に三振を量産する豪速球右腕。県大会ではリリーフで8回16奪三振と驚異的な奪三振率を誇った。しかし秋よりもコントロールを乱し、球数が多い投球なのが気になる。

 この春は桁外れの球速、抜群のスライダーの切れで打ち取ることはできているものの、今のままでは息切れをしてしまうので、球数を少なくして打ち取る投球を見せていきたい。2番手の140キロ台の速球を投げる金久保 優斗(2年)は、しっかりと試合を作れる投手だが、この2人以外の台頭が、夏を勝ち上がるための課題といえるだろう。

 野手では準々決勝準決勝で合計3本の本塁打を放った倉石 匠己、長打力のある荒川 太一(2年)、正捕手であり、攻守の要である峯尾 京吾、巧打堅守の遊撃手・藤本 誠啓(2年)が揃っており、野手のレベルも高い。あとは、勝負所の守備、犠打、走塁などをしっかりとこなすことができるか。今年の望洋は打撃以外もしっかりしていると思わせる内容を残してほしい。

 準優勝千葉黎明は、昨秋から攻撃面が大幅に強化された。県大会でも、好投手を打ち崩し、関東大会でも常総学院コールド勝ちと、手応えを掴む春となった。打撃面では、県外の強豪校から転校し、今年から公式戦出場となった4番島村 篤史が加わったことで打線に厚みが増した。長打力のある大堀 智哉、俊足巧打の藤江 康太の主力選手が伸びただけではなく、下位を打つ選手も伸びたことで、切れ目のない打線となった。

 またエース川口 廉が昨秋から急成長。投球術、変化球の精度が伸びたのはもちろんだが、何よりもピンチになっても動じなくなった。千葉県大会準決勝成田戦では一死満塁のピンチを切り抜け、一皮むけた姿を見せた。夏勝ち上がるための課題は川口以外の投手陣の底上げだ。県大会では島、そして関東大会では藤平 尚真横浜関連記事)と全国クラスの剛速球右腕2人と公式戦で対戦した経験を生かすことができるか。

このページのトップへ

【次のページ】 やはり怖い木更津総合

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1051回 ミスが少ない千葉学芸の守備への取り組みとは?【後編】【野球部訪問】
第1050回 戦国千葉で上位へ勝ち上がり続ける千葉学芸 躍進への第一歩となる名将の就任【前編】【野球部訪問】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
専大松戸vs鎌倉学園【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1263回 世代屈指の強肩捕手・古谷将也(成田)が目指した捕手像【後編】 【2020年インタビュー】
第1261回 千葉県に現れた全国クラスの強肩捕手・古谷将也(成田)。プロ入りした先輩捕手の背中を追いかけ急成長【前編】 【2020年インタビュー】
第278回 1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介【ドラフト特集コラム】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1226回 県内屈指の巧打者・青木優吾(中央学院)「優勝を目指して後輩たちに良い姿勢を見せていきたい」 【2020年インタビュー】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
荒川 太一(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
伊藤 翔(金沢桜丘) 【選手名鑑】
伊藤 翔(横芝敬愛) 【選手名鑑】
伊藤 翔(日大三) 【選手名鑑】
伊藤 翔(佐野日大) 【選手名鑑】
今吉 翼(松戸国際) 【選手名鑑】
大熊 啓夢(木更津総合) 【選手名鑑】
大谷 拓海(中央学院) 【選手名鑑】
大堀 純一(横浜隼人) 【選手名鑑】
岡本 佳大(成田) 【選手名鑑】
尾身 健太朗(成田) 【選手名鑑】
金久保 優斗(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
川口 廉(千葉黎明) 【選手名鑑】
酒巻 翔(成田) 【選手名鑑】
坂巻 尚哉(千葉経大附) 【選手名鑑】
島 孝明(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
島村 篤史(千葉黎明) 【選手名鑑】
鈴木 翔(春日部共栄) 【選手名鑑】
鈴木 翔(静岡) 【選手名鑑】
鈴木 凌賀(成田) 【選手名鑑】
鈴木 翔(千葉明徳) 【選手名鑑】
鈴木 唯大(国府台) 【選手名鑑】
鈴木 修我(中央学院) 【選手名鑑】
武田 大慶(木更津総合) 【選手名鑑】
中橋 奎太(成田) 【選手名鑑】
中村 亮太(千葉経大附) 【選手名鑑】
中村 亮太(日本航空石川) 【選手名鑑】
中村 亮太(豊橋工) 【選手名鑑】
中村 亮太(神戸国際大附) 【選手名鑑】
野尻 幸輝(木更津総合) 【選手名鑑】
花嶋 悠吏(成田) 【選手名鑑】
早川 隆久(木更津総合) 【選手名鑑】
藤江 康太(千葉黎明) 【選手名鑑】
丸茂 弘汰(専大松戸) 【選手名鑑】
峯尾 京吾(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
峯村 貴希(木更津総合) 【選手名鑑】
山下 輝(木更津総合) 【選手名鑑】
我孫子 【高校別データ】
市川 【高校別データ】
稲毛 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
国府台 【高校別データ】
沼南 【高校別データ】
西武台千葉 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
拓大紅陵 【高校別データ】
千葉英和 【高校別データ】
千葉経大附 【高校別データ】
千葉商大付 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
銚子商 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
東海大浦安 【高校別データ】
東金 【高校別データ】
東京学館浦安 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
成田 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
県立船橋 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
松戸国際 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】
流通経済大柏 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム