第311回 【神奈川展望】横浜、東海大相模の二強に待ったをかけるのは?神奈川の有力校を紹介!2016年06月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今年も横浜と東海大相模が中心
[2]ベスト8の状況
[3]ベスト8以外も平塚学園、武相など有力校が多数

 昨夏東海大相模が神奈川県勢として、1998年横浜以来の夏の甲子園優勝を果たした。今年も全国で躍進を果たしたい神奈川県の抽選会は6月11日となかなか早い。そこで今年の神奈川の有力校をもう一度整理したい。

今年も横浜と東海大相模が中心



左から 藤平 尚真(横浜)、北村 朋也(東海大相模)

 優勝の横浜が優勝候補の筆頭に挙がるといっても良い。夏の神奈川を制するだけではなく、全国制覇を目指している横浜にとって、最も重要なピースなのが藤平 尚真関連記事である。その藤平だが、関東大会では素晴らしいピッチングを見せた。最速150キロの速球、キレのあるスライダー、フォークを自在に投げ分ける投球を展開し、計18イニングで2失点の好投を見せた。その中身は、普段は打たせて取るがここぞという場面では三振を狙うという投球だった。これならば球数を少なく収めることができ、全国を勝ち抜くスタミナを残していけるだろう。あとはベストコンディションで夏へ臨めるかにかかっているのではないだろうか。

 しかし藤平1人だけでは、とても夏は勝ちきれない。下級生の頃から活躍してきた石川 達也がどれだけピッチングの幅を広げることができるか。この2人に続く存在として春季大会で登板してきた135キロ前後の速球を投げ込む塩原 陸(2年)、最速135キロのサイドハンド・臼井 健雄、1年生左腕・板川 佳矢など、大会までの練習試合でしっかりとアピールをしていきたいところだ。

 野手では公家 響村田 雄大、さらに藤平、石川が中心となった打線の破壊力は全国トップクラス。ここに1年生の万波 中正関連記事長南 有航、そしてケガからの復帰を目指す増田 珠がケガ前よりパワーアップするようになると、打線は隙がなくなる。関東大会では緩急を使える投手に横浜打線は上手く抑えられてしまった。横浜は厳しいマークを受けることは間違いないだろう。それを乗り越えるだけの対応力を見せることができるか。

 そして対抗馬に挙がるのが準々決勝横浜と延長11回の激戦を演じた東海大相模だろう。左腕の山田 啓太は、球速は130キロ中盤だがストレートにキレがあり、空振りが奪える投手だ。さらに藤平 尚真から本塁打を放ったように打撃も伸びてきている。そしてプロ注目の北村 朋也は、140キロ中盤の速球と打者の手元で鋭角に曲がるスライダーを武器にする本格派右腕。球離れが早かった昨年と比較すると球持ちが良くなり、投球フォームは実戦的になった。

 しっかりと体作りができれば、140キロ後半~150キロ台前半も期待できる投手となった。速球を投げる才能は150キロ近い速球を計測した一二三 慎太(阪神)、山本 淳(元埼玉西武 現・日立製作所)にひけをとらない逸材だと評価されてきたが、その片鱗を見せるようになってきている。

 打線では、攻撃的な打撃スタイルでチャンスを作る右の巧打者・加藤 元気、ライナー性の打球を連発する今江 蓮、打撃フォームが改善され、長打力、ミート力が伸びた戸崎 慶、パワフルな打撃を見せる赤尾 光祐など昨秋に比べて格段に伸びた。また湘南ボーイズ出身で、いきなりショートの座を獲得した小松 勇輝は、ミート力が高く、しっかりと振り切って打球を飛ばすことができる選手だ。小柄に見えるが、上手くパワーをつけていけば、同じボーイズで同校の先輩である杉崎 成輝(現・東海大)のような選手へ成長する可能性を秘めた逸材で、1年夏から小松のパフォーマンスに注目が集まる。十分に横浜を破る力を持ったチームであり、夏も対戦が実現すれば、死闘になることは間違いないだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 ベスト8の状況

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第1回 横浜高等学校(南神奈川)【3年連続18回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第744回 記念大会は3学年で実力派が集結!甲子園を沸かせる剛腕たち(投手編)【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs中越【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第743回 【1日目見所】星稜が開幕戦に登場!中央学院vs済美、中越vs慶應はともに接戦を期待【大会展望・総括コラム】
第739回 【南北神奈川大会総括】 盤石の強さを見せた横浜 強打野球に転換した慶応義塾【大会展望・総括コラム】
慶應義塾vs桐光学園【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
桐光学園vs横浜商大高【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
慶應義塾vs東海大相模【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
館山昌平、復活への道
赤尾 光祐(東海大相模) 【選手名鑑】
浅見 遼太郎(横浜隼人) 【選手名鑑】
中 清隆(桐蔭学園) 【選手名鑑】
石川 達也(横浜) 【選手名鑑】
板川 佳矢(横浜) 【選手名鑑】
今江 蓮(東海大相模) 【選手名鑑】
臼井 健雄(横浜) 【選手名鑑】
延命 秀太郎(桐光学園) 【選手名鑑】
大浦 慎吾(横浜商大高) 【選手名鑑】
大河原 誠(桐光学園) 【選手名鑑】
大倉 和樹(日大藤沢) 【選手名鑑】
大村 望森(戸塚) 【選手名鑑】
小川 隼平(桐蔭学園) 【選手名鑑】
柿崎 颯馬(桐蔭学園) 【選手名鑑】
木澤 尚文(慶應義塾) 【選手名鑑】
北村 朋也(東海大相模) 【選手名鑑】
公家 響(横浜) 【選手名鑑】
小泉 雄雅(横浜隼人) 【選手名鑑】
小松 勇輝(東海大相模) 【選手名鑑】
近藤 明弥(藤沢翔陵) 【選手名鑑】
塩原 陸(横浜) 【選手名鑑】
菅原 裕太(日大藤沢) 【選手名鑑】
高田 孝一(平塚学園) 【選手名鑑】
高橋 淳彦(横浜隼人) 【選手名鑑】
大工原 泰成(桐光学園) 【選手名鑑】
長南 有航(横浜) 【選手名鑑】
徳永 凌雅(桐蔭学園) 【選手名鑑】
戸崎 慶(東海大相模) 【選手名鑑】
中川 颯(桐光学園) 【選手名鑑】
丹羽 敬太(日大高) 【選手名鑑】
林 明良(横浜隼人) 【選手名鑑】
藤平 尚真(横浜) 【選手名鑑】
逢阪 倫充(桐光学園) 【選手名鑑】
本田 仁海(星槎国際湘南) 【選手名鑑】
増田 珠(横浜) 【選手名鑑】
万波 中正(横浜) 【選手名鑑】
村田 雄大(横浜) 【選手名鑑】
森井 徹平(日大高) 【選手名鑑】
森田 晃介(慶應義塾) 【選手名鑑】
森山 孔介(藤沢翔陵) 【選手名鑑】
山田 啓太(東海大相模) 【選手名鑑】
山本 雅樹(武相) 【選手名鑑】
山本 雅樹(中越) 【選手名鑑】
吉川 雄真(横浜隼人) 【選手名鑑】
渡部 遼人(桐光学園) 【選手名鑑】
慶應義塾 【高校別データ】
川崎北 【高校別データ】
向上 【高校別データ】
相模原 【高校別データ】
湘南 【高校別データ】
瀬谷 【高校別データ】
相模原中等教育 【高校別データ】
湘南工大附 【高校別データ】
星槎国際湘南 【高校別データ】
戸塚 【高校別データ】
大師 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
藤嶺藤沢 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
日大藤沢 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
藤沢翔陵 【高校別データ】
武相 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
弥栄 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム