第312回 【長野展望】今年はシード校以外にも有力校が多数!有力校、有力選手の状況をまとめて紹介2016年06月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]打高投低の春。制したのは投打がっちりの松本第一
[2]143キロ右腕の草海、2度目の聖地へギアアップ

 今年の春の県大会優勝を収めたのは松本第一だった。だが今年は有力校が多数となっている。そんな今年の長野県の夏の展望を占っていきたい。

打高投低の春。制したのは投打がっちりの松本第一



吉原 快(松本第一)

 春の長野県大会は、松本第一の初優勝で幕を閉じた。昨秋の県優勝校の長野商業、準優勝校の佐久長聖、さらに夏2連覇を狙う上田西が軸と目されていたが、松本第一の投打での安定ぶりが際立った試合内容だった。

 大会全般として投手陣の不調が目立った。そうした中でも松本第一はエース吉原 快(3年)、昨年から経験がある山口 智士(3年)、新鋭原田 健太(3年)のサウスポートリオがそろって安定。特に原田は佐久長聖、準優勝の松商学園に対しても好投しており、夏に向けて大きな戦力として計算できそうだ。

 松本第一は打線も破壊力を見せた。注目の3番牧 秀悟(3年)は相変わらずの勝負強さを見せ、打線の核となった。5番・久保田 崚仁、7番・樋口 豪の強打も効いた。特に樋口は準決勝、決勝で連続弾。好調な打線の象徴となった。

 準優勝は松商学園。制球難による投手陣の不安定さは改善されなかったが、打線がそれを補った。宮嶋 隼平(3年)、梨本 雄斗(3年)の俊足1、2番コンビが起点となり、打ち合いを制してきた。しかし、エース青柳 真珠(2年)をはじめ投手陣が四球から失点する場面が多く、マイナス要因の方が印象に残る準優勝となった。

 3位には、夏の連覇が懸かる上田西が入った。昨年の夏の甲子園1回戦で完封勝利を挙げたエース草海 光貴(3年)はじめ甲子園経験者が数人残る。春先から野手(遊撃手)中心の練習をしてきた草海は、投げ込み不足から準決勝で連打を浴びる場面もあったが、3位決定戦ではきっちり完封勝利。夏への余力を残して、春を終えた形だ。

 3位決定戦では敗れたが、昨秋の地区予選敗退から躍進したのが長野日大。本来は遊撃手だが、2枚目の投手としてマウンドに上がった成澤 圭祐が、救援、完投と奮投した。手元で切れるボールと制球力の良さに相手打線がてこずった。

 このほかベスト8には、佐久長聖長野商業、松本深志岡谷南が入った。佐久長聖は投打の仕上がりがいま一歩という状態。長野商業は、高い攻撃力を見せた半面、バッテリーに課題を残した。松本深志は左腕エース唐澤 尭至(3年)を軸に投打にまとまりがあった。岡谷南はエース諸本 峻明(3年)が力強いボールを放ったが、打線に物足りなさが残った。

 以上8校が夏の大会のシード校となる。

強打の小諸商、野沢北に私立勢。8強以外もあなどれない

 8強には残れなかったが、マークしておきたいチームは少なくない。県大会1回戦で敗れた小諸商業と野沢北は打撃力が魅力。下級生を多く使った小諸商業は伸びしろ、野沢北は投手陣のもうひと頑張りにそれぞれ期待したい。須坂も1回戦敗退だが、総合力は高い。右スリークオーター玉井 望毅優(3年)の制球力がもう一段階上がるとかなり手ごわくなりそうだ。

 地区大会敗退校にも十分に巻き返しのチャンスはある。センバツ21世紀枠候補になった昨秋県4強長野は、中軸打線が強力だけにエース待井 壮一郎の右腕にかかる。地区予選松商学園に敗れた松本国際東京都市大塩尻、さらに地球環境といった私立勢も決して投手陣は悪くないのであなどれない存在だ。

 ほかに左の好投手がいる田川諏訪二葉中野立志館なども厄介な相手になりそうだ。

このページのトップへ

【次のページ】 143キロ右腕の草海、2度目の聖地へギアアップ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第2回 36歳で旅立った熱血高校野球部部長の軌跡。野球を愛した漆原伸也さんに捧ぐ【高校野球は空の色】
第253回 牧 秀悟 (中央大3年・内野手)「侍ジャパン大学代表」の重圧は プロ入り果たすための準備期間【ドラフト特集コラム】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
上田西vs津幡【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第2回 1年秋から上田西のエースナンバー 長野県の注目右腕・阿部 巧雅【長野の高校野球】
飯山vs上田西【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
上田西vs長野日大【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
伊那弥生ケ丘vs小諸商【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第48回 歌手 MIHIRO~マイロ~さん 【2010年インタビュー】
青柳 真珠(松商学園) 【選手名鑑】
唐澤 尭至(松本深志) 【選手名鑑】
草海 光貴(上田西) 【選手名鑑】
久保田 崚仁(松本第一) 【選手名鑑】
諸本 峻明(岡谷南) 【選手名鑑】
玉井 望毅優(須坂) 【選手名鑑】
梨本 雄斗(松商学園) 【選手名鑑】
成澤 圭祐(長野日大) 【選手名鑑】
原田 健太(松本第一) 【選手名鑑】
樋口 豪(松本第一) 【選手名鑑】
牧 秀悟(松本第一) 【選手名鑑】
待井 壮一郎(長野) 【選手名鑑】
宮嶋 隼平(松商学園) 【選手名鑑】
元山 飛優(佐久長聖) 【選手名鑑】
山口 智士(松本第一) 【選手名鑑】
吉原 快(松本第一) 【選手名鑑】
若林 洸(松本第一) 【選手名鑑】
上田西 【高校別データ】
岡谷南 【高校別データ】
小諸商 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
須坂 【高校別データ】
諏訪二葉 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
地球環境 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
中野立志館 【高校別データ】
長野 【高校別データ】
長野商 【高校別データ】
長野日大 【高校別データ】
日本ウェルネス筑北 【高校別データ】
野沢北 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】
松本深志 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム