第310回 【京都展望】今年の京都も激戦か!?ノーシードも有力校が集結!2016年06月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 昨夏鳥羽ベスト16今春の選抜では龍谷大平安ベスト4と地力の高さを見せる京都府。この夏はどんな学校が有力なのだろうか。

今年は龍谷大平安、京都翔英の二強が軸 この二強を追う学校は?



左から 市岡 奏馬(龍谷大平安)、石原 彪 (京都翔英)

 選抜ベスト4龍谷大平安春季大会優勝京都翔英が優勝争いの軸になりそうだ。

 龍谷大平安のエース市岡 奏馬(3年)は球威あるストレートとキレ味鋭い変化球を操る好左腕。打線も西川 藍畝(3年)、橋本 和樹(3年)、冨田 慎太郎(3年)と並んだ主軸のスイングは鋭く、下級生ながら岡田 悠希(2年)にも一発がある。久保田 悠(3年)、小川 晃太朗(3年)は俊足が売りで市岡は打者としてもセンスが光る。もちろん伝統の堅い守りは健在で攻守共に隙は無い。

 春にその龍谷大平安を破った京都翔英は捕手で4番の石原 彪がチームの要。中学時代にU-15代表で4番を務めた打力ももちろんだが最大の武器は超高校級の強肩で、一直線に伸びる二塁送球はコンスタントに2秒を切る。最高タイムはプロ顔負けの1.75秒、打者無し(イニング間の送球)なら1.68秒を記録したことも。ラストイヤーに初となる夏の聖地を狙っている。

 今春、準々決勝で鮮烈な活躍を見せたのが京都国際清水 陸哉(3年)。飛ばすポイントを心得ている右のスラッガーは日星戦で4打数4安打2本塁打8打点と大爆発した。俊足強肩の持ち主で投げても最速143km/hの右の本格派、投打両面でスカウトが熱視線を送る逸材だ。

 他に今春活躍が目を引いたのが塔南宮津の公立勢。準優勝の塔南は能力も将来性も高い築山 雄介(3年)、西原 大智(3年)の右腕2人を筆頭に豊富な投手陣を擁し連戦でも駒不足になる心配がない。宮津河邉 康平(3年)はストレート、スライダー共にキレが良く、左腕に限定するなら龍谷大平安の市岡に次ぐ存在になり得るほど。どちらも公立校が勝つための必須条件、好投手を抱えていることから金星を挙げ旋風を巻き起こす可能性を秘めている。

 昨秋準優勝ながら主力を怪我で欠きはまさかの初戦敗退を喫した福知山成美は巻き返しなるか。矢野 広将(3年)、田井中 秀虎(3年)、森下 リズム(3年)ら打てて走れる選手を中心にした打線で勝機を見出したい。

 シード権を獲得したのは塔南宮津京都国際日星龍谷大平安京都外大西京都廣学館京都翔英の8校。逆に昨夏優勝鳥羽や準優勝の立命館宇治福知山成美京都成章東山西城陽、141キロ右腕・上野 晃徳擁する乙訓などがシード漏れ。初戦から強豪同士の潰し合いや1つのゾーンに固まり超激戦ブロックとなることも起こり得る。例年以上に組み合わせ抽選が鍵を握りそうだ。

(文・小中 翔太

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第42回 西京(京都)創立130周年!誰にも負けない伝統校の意地【冬が僕らを強くする2019】
第556回 6年間の集大成を全国の舞台で!甲子園優勝へ突き進む札幌大谷(北海道)【後編】【野球部訪問】
第837回 黒川、東妻、来田など近畿の野手たちに注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第547回 常識を打ち破って上り詰めた頂点!創部10年で神宮大会を制した札幌大谷(北海道)【前編】【野球部訪問】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
第825回 これも必要な過程!平安のスター候補生・奥村真大(龍谷大平安)が味わった苦い経験 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs履正社【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs福知山成美【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs市立和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
石原 彪(京都翔英) 【選手名鑑】
市岡 奏馬(龍谷大平安) 【選手名鑑】
岡田 悠希(龍谷大平安) 【選手名鑑】
河邉 康平(宮津) 【選手名鑑】
久保田 悠(龍谷大平安) 【選手名鑑】
清水 陸哉(京都国際) 【選手名鑑】
田井中 秀虎(福知山成美) 【選手名鑑】
築山 雄介(塔南) 【選手名鑑】
冨田 慎太郎(龍谷大平安) 【選手名鑑】
西川 藍畝(龍谷大平安) 【選手名鑑】
西原 大智(塔南) 【選手名鑑】
橋本 和樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
森下 リズム(福知山成美) 【選手名鑑】
矢野 広将(福知山成美) 【選手名鑑】
京都外大西 【高校別データ】
京都廣学館 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
京都翔英 【高校別データ】
日星 【高校別データ】
塔南 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
宮津 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小中 翔太
小中 翔太
  • 1988年大阪府生まれ、京都府宮津市育ち。大学野球連盟の学生委員や独立リーグのインターン、女子プロ野球の記録員を経験。主なWebの寄稿は高校野球ドットコム。また、野球専門誌「Baseball Times」にて阪神タイガースを担当し、スポーツナビやYahoo!ニュースにも寄稿する。大阪、京都を中心に関西の球場に出没中。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム