目次

[1]関東一、二松学舎大附の2強時代
[2]投手力充実の東亜学園、都立城東 / 日本ウェルネス、夏も旋風を起こせるか!?
[3]シード校以外でも高いレベル

 7月2日から開幕する東京東西大会。抽選会前に各校の有力校、有力選手を紹介していきたい。まずは東東京から。

関東一、二松学舎大附の2強時代


 1970年代から90年代にかけて、帝京と当時は東東京であった早稲田実業のライバル対決は熾烈で、東京の高校野球を盛り上げた。今日、関東一二松学舎大附の関係は、その域に近づきつつある。秋と春の都大会の決勝は、ともに関東一二松学舎大附で、2回とも関東一が勝って優勝した。関東一オコエ 瑠偉(楽天関連記事)ら、甲子園4強のメンバーがごっそり抜け、小粒になった感じは否めなかったが、身体能力が高い選手が集まり、日替わりでヒーローが生まれる。

 センバツでは東邦の好投手・藤嶋 健人関連記事に完璧に抑えられたが、それが刺激となり打撃を強化。春季都大会では日大三小谷野 楽夕のスライダーを打ち砕き、関東大会では、プロ注目の島 孝明関連記事を攻略した。

 外野手の本橋 慶人、捕手の佐藤 佑亮は長打力と足があり、外野手の宮本 瑛己は、30メートル走ならオコエに負けない快速の持ち主。そのうえ関東大会では、1年生の石橋 康太が勝負強い打撃をみせ、同じく1年生の宮田 蒼太がセンスの光る守備をみせた。投手陣は左の佐藤 奨真がエースになり、右の河合 海斗竹井 丈人それに、伸び盛りの高橋 晴小川 樹と、数は揃っている。

 二松学舎大附は、2年前の夏に「1年生トリオ」として注目された左腕の大江 竜聖、捕手の今村 大輝関連記事、内野手の三口 英斗が、最後の夏を迎える。大江はこの春やや力みがあったものの、大人の投球ができるようになった。今村は打球の飛距離が一段と伸び、三口は主将としてチームを引っ張る。

 加えて、パワーと足のある永井 敦士、控え投手も兼ねる市川 睦と連なる打線は、全国的にみてもレベルが高い。けれども、2大会続けて関東一に敗れるという現実に、市原 勝人監督は春季都大会の決勝戦の後、「どちらかというと甘い」と語った。関東大会では、中沢 航介堀川 尚希という2人の1年生をスタメンで起用。チーム内の競争の中に、厳しさを打ち出している。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。