目次

[1]浦和学院・叡明ブロック / 西武文理・上尾ブロック
[2]蕨・花咲徳栄ブロック / 春日部共栄・越ヶ谷ブロック

 23日から始まる埼玉県大会。好カードが多く、熱戦が期待できる。今回はそんな埼玉県大会のみどころを紹介したい。

組合せ/トーナメント表もあわせてチェック!

浦和学院・叡明ブロック

諏訪 賢吉(浦和学院)

 昨秋優勝浦和学院本庄東と対戦。浦和学院は本格派右腕・榊原 翼、走攻守三拍子揃った遊撃手・諏訪 賢吉など戦力層はト埼玉県内でトップクラス。昨秋よりも成長した姿を見せるかに注目だ。対する本庄東は北部地区では実力校として知られており、浦和学院にどこまで対抗できるかも注目したい。

 三上 ケビン室賀 優斗の2年生コンビを中心に打線で勝負する叡明は伝統校・春日部東と対戦。またタイプが異なる投手を揃える大宮西と北部地区の強豪・本庄第一の一戦も注目だ。

西武文理・上尾ブロック

渡部 勝太(上尾)

 組織力野球で勝負する大宮東は西部地区でも上位進出へ向けて健闘を続ける県立校・坂戸西と対戦。大宮東は、昨夏から活躍する大型外野手・緒方 康貴など好内野手が多いのが特徴だ。その勝者は地区予選で強豪・山村国際に勝利し代表権を獲得した埼玉平成と対戦するだけにこちらも注目だ。

 昨秋ベスト8の上尾阿部 玄太山下 和音渡部 勝太と投手3人を擁し、投手力の高さは県内屈指だ。その上尾川口と対戦する好カードとなった。また地区予選川越東を破った(試合レポート西武文理獨協埼玉と対戦。西武文理は機動力を絡め、序盤から自分のペースにもっていく野球を見せる。

 またこのブロックに登場する全力野球に徹する鷲宮が復活傾向にある。野手のレベルが高く、4番菅原 大は走攻守三拍子揃った外野手で、驚くような打球を打つ選手だ。長身から角度ある速球を投げ込む好左腕・高橋 勇翔擁する川越工など実力ある公立校が多いのがポイントだ。

このページのトップへ