第281回 2016年の高校野球を占う【愛媛編】「混戦模様に断を打つ存在は?2017年『えひめ国体』への胎動にも期待」2016年03月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]昨秋県大会4強が中心も夏は混戦模様か
[2]混戦に断を打つ注目選手たち
[3]4月から各所に新たな動き、そして2017年「えひめ国体」へ

 毎年、県民の大きな話題となる夏の愛媛大会。覇権の行方は現在、全く読めない。今治西の連覇か、昨秋四国大会4強の済美の復活か、それとも小松の覇権奪回か?さらに悲願の夏初優勝を狙う新田も有力。松山商などの動きも侮れず、4月から新たな動きも各所で・・・・・・。そこで今回は2017年「愛顔つなぐえひめ国体」への胎動や、注目選手も紹介しながら2016年・愛媛高校野球を占ってみたい。

昨秋県大会4強が中心も夏は混戦模様か

山内 敦也(今治西)

 2011年から甲子園に出場したのは、今治西(11年、12年、15年)、済美(13年)、小松(14年)の3校。近年の戦いぶりを見ると、より混戦模様に入りつつあることが分かる愛媛県高校野球。4年ぶりに県勢がセンバツ出場を逃したこともあり、その傾向は2016年にも引き継がれることになりそうだ。

 とはいえ、中心は昨秋県大会の4強になるだろう。優勝した今治西山内 敦也(3年主将・中堅手・右投左打・177センチ69キロ・えひめ西リトルシニア出身)、杉野 彰彦(3年・右翼手・右投右打・173センチ67キロ・今治市立西中出身)など甲子園での経験豊富な中心選手が軸。四国大会初戦で高松商(香川)に逆転負けを喫する一因となった精神面と「甲子園で勝つために必要だと思っている」(大野 康哉監督)投手力を整備して、2年連続の夏甲子園行きを目指す。

 準優勝の新田四国大会英明(香川)戦での20安打16得点、明徳義塾(高知)との打撃戦(試合レポート)が評価を受け、今治西をしのぎセンバツ四国地区補欠2位校に選出。四国地区屈指の遊撃守備を誇る三上 幹太(3年・右投両打・164センチ63キロ・愛媛ボーイズ出身)によるキャプテンシーの下、眞田 康弘(3年・中堅手・右投左打・174センチ68キロ・松山ボーイズ出身)、泉 政斗(3年・一塁手・右投左打・178センチ75キロ・松山中央ボーイズ出身)といった中距離打者たちがさらに確実性を増し、投手陣の整備がなされれば悲願の夏甲子園初出場も視野に入ってくる。

 昨秋、和田 蓮次郎(3年・遊撃手・右投右打・172センチ67キロ・高槻リトルシニア<大阪府>出身)を主将に強い気持ちで1年2ヶ月ぶり公式戦に臨んだ県大会3位済美四国大会高知商(高知)、鳴門(徳島)の左腕投手陣を攻略。惜しくもセンバツには届かなかったものの、同大会では4番・小山 一樹(3年・捕手・右投右打・180センチ90キロ・三田ボーイズ<兵庫県>出身)、2番・上田 貴宏(3年・三塁手・右投右打・168センチ67キロ・松永ヤンキース<軟式・広島県>出身)が本塁打を放ち、秋の公式戦通算打率も3割5分8厘と満天下に強打健在を示した。

 今後のかぎは四国大会で奮闘した左腕・菊池 怜雄(3年・左投左打・172センチ73キロ・宇和ボーイズ出身)に継ぐ2番手投手の育成。乗松 征記監督は、春には完全復活が見込まれる最速143キロ右腕・和合 寛征(3年・178センチ85キロ・佐伯ボーイズ<大分県>出身)に加え、高知中時代は外野手兼投手として2013年・文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会優勝に貢献した冨岡 優大(3年・右翼手・右投左打・178センチ81キロ)らの投手起用も示唆。夏までの完成度次第では3年ぶりの夏甲子園出場が見えてくる。

 昨秋は打線が振るわず、あと一歩で四国大会出場を逃した小松も、宇佐美 秀文監督の卓越した打撃指導が夏に向けて必ず効果を発揮するはず。投打の大黒柱・最速139キロの馬越 康輔(3年・投手・右投左打・165センチ68キロ・今治市立伯方中出身)と播田 大弥(左翼手・右投左打・164センチ60キロ・えひめ港南リトルシニア出身)の傍らに支柱やはりを建設できれば、再び小松の名が聖地に響く時がやってくるだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 混戦に断を打つ注目選手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
小松vs新田【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
東京実vs都立足立新田【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
アドゥワ 誠(松山聖陵) 【選手名鑑】
有田 虎之介(松山東) 【選手名鑑】
石﨑 真継(松山工) 【選手名鑑】
泉 政斗(新田) 【選手名鑑】
糸川 亮太(川之江) 【選手名鑑】
上田 貴宏(済美) 【選手名鑑】
宇都宮 佑弥(済美) 【選手名鑑】
大谷 一太(小松) 【選手名鑑】
大本 将吾(帝京第五) 【選手名鑑】
加藤 大輝(宇和島東) 【選手名鑑】
門田 昴也(松山商) 【選手名鑑】
金本 遼(今治西) 【選手名鑑】
菊池 怜雄(済美) 【選手名鑑】
工藤 耀介(新田) 【選手名鑑】
黒川 貴章(新田) 【選手名鑑】
小山 一樹(済美) 【選手名鑑】
貞廣 竜宇(松山工) 【選手名鑑】
眞田 康弘(新田) 【選手名鑑】
杉野 彰彦(今治西) 【選手名鑑】
田内 龍成(松山工) 【選手名鑑】
丹 翔也(東温) 【選手名鑑】
冨岡 優大(済美) 【選手名鑑】
西本 祥大(北条) 【選手名鑑】
播田 大弥(小松) 【選手名鑑】
日野 智也(川之江) 【選手名鑑】
藤 友暉(新田) 【選手名鑑】
藤原 拓実(今治西) 【選手名鑑】
馬越 康輔(小松) 【選手名鑑】
三上 幹太(新田) 【選手名鑑】
村上 幹英 (今治西) 【選手名鑑】
森實 麟太郎(西条) 【選手名鑑】
八塚 凌二(済美) 【選手名鑑】
山内 敦也(今治西) 【選手名鑑】
山岡 昂平(伯方) 【選手名鑑】
山本 寛大(松山商) 【選手名鑑】
和合 寛征(済美) 【選手名鑑】
渡邉 潤(北条) 【選手名鑑】
和田 蓮次郎(済美) 【選手名鑑】
今治北 【高校別データ】
今治西 【高校別データ】
今治西伯方 【高校別データ】
宇和島東 【高校別データ】
聖カタリナ学園 【高校別データ】
川之江 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
西条農・今治北大三島 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
東温 【高校別データ】
新居浜東 【高校別データ】
新田 【高校別データ】
伯方 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
松山北 【高校別データ】
松山工 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
松山東 【高校別データ】
コメント (1)
すばらしい わかりやすい内容です。2016.03.21 ダンバイン
とてもわかりやすい文章です。今後も高校野球に関する情報
お願いします。

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム