第263回 2016年の高校野球を占う【兵庫編】「全国屈指の熱気とレベルを誇る兵庫県の注目選手、注目チームを一挙紹介!」2016年02月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]明石商、報徳学園など昨秋8強の状況
[2]神戸国際大附は春に浮上することができるか?

 全国でも熱気、レベルともに全国屈指の兵庫県。昨夏は滝川第二甲子園出場を決めたが、兵庫大会もとても熱いものがあった。 今年も投打ともに見所のある選手が多く、楽しみなチームも多数。そんな今年の有力選手を紹介していきたい。

明石商、報徳学園など昨秋8強の状況

吉高 壯投手(明石商)

 兵庫では、昨季優勝した明石商の投手陣のレベルの高さがウリだ。140キロ台の速球、多彩な球種を操る吉高 壯、188センチの長身から繰り出す140キロ台の速球を投げる山崎 伊織の2枚看板は強力だといっていい。そのほかも130キロ台を超える投手が多く、投手陣の層の厚さは県内随一。状況に応じて継投策ができるのが強みだ。打線は長打力のある小西 翔太などパワフルな打者が揃うが、1人1人、突き抜けた成長を求めていきたい。

 準優勝の報徳学園は、やはりエースの主島 大虎に注目だ。出所が見難く、130キロ中盤ながらキレのある速球は打ち難い。制球力も高く、緩急を使ったり、速球でとことん押していったりと駆け引きも優れ、なんといっても牽制技術の上手さは天下一品。一冬越えてボールに凄味が増しているか。課題は打線の底上げになるだろう。明石商報徳学園の2校は昨夏の準々決勝でも対決するなど例年激しい争いを繰り広げているが、今年はこの2校の対決は大いに盛り上がることは間違いない。

 ベスト4に進み、その中で3位決定戦を制した神港学園は、投打ともに高い能力を持つ三宅 浩史郎に注目。投げては135キロ前後の速球、緩い変化球をしっかりと投げ分け、打っても外野の頭を超える長打を連発。さらに俊足の持ち主でもあり、一冬越えてからの成長が楽しみなプレーヤーだ。
4位の加古川東は、エースの大村 浩士が面白い。リリースまでの動作は実にゆったりとしており、リリース時に一気に腕を振る。フォームで緩急をつけてタイミングをずらし、投球自体も130キロ中盤の速球と緩いカーブを投げ分けて、打たせて取る投球が光る。

 一方、ベスト8を見てみよう。まずは21世紀枠として選抜出場が決まった長田。昨秋計52イニングで66奪三振を記録したエース・園田 涼輔の投球に注目が集まる。選抜帰りの公式戦では、ナインたちの成長した姿を見せることができるか。

 育英山本 宵吾は、完成度の高さが光る左腕。フォーム技術が優れ、135キロ前後の速球、変化球の精度ともに高く、しっかりと体力づくりをすれば、140キロ越えが見込める投手。また野手では、守備範囲の広い中塚 京佑、また下級生の時から正捕手として出場する藤原 正和は、二塁までの正確なスローイングとセンター返し中心の打撃が目立つ。

 は、投手陣が豊富だ。吉田 凌東海大相模・現オリックス)のいとこである吉田 光一。凌投手からスライダーを教わったという。また投手陣が多く、状況に応じて継投は惜しみなく行う。さらに切磋琢磨をして全体的な底上げを果たしたい。そして打線は機動力を絡めながら点を重ねるのが今年の特徴だ。

 神戸国際大附を破った六甲アイランドは、長打力のある捕手・阪本 勇太を中心につなぎの打撃で、次々と点を奪っていくチーム。今年も自慢の攻撃力の高さを見せていきたい。
飾磨工の福岡 秀人は、威力ある速球を武器にする右の本格派だ。

このページのトップへ

【次のページ】 神戸国際大附は春に浮上することができるか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
川北 陽大(滝川第二) 【選手名鑑】
後藤 貴大(神戸国際大附) 【選手名鑑】
才木 浩人(須磨翔風) 【選手名鑑】
塩本 周平(滝川第二) 【選手名鑑】
園田 涼輔(長田) 【選手名鑑】
谷 凌河(神戸弘陵) 【選手名鑑】
東郷 太亮(神戸国際大附) 【選手名鑑】
友井 寛人(滝川第二) 【選手名鑑】
中塚 京佑(育英) 【選手名鑑】
主島 大虎(報徳学園) 【選手名鑑】
平内 龍太(神戸国際大附) 【選手名鑑】
森田 陽太(東洋大姫路) 【選手名鑑】
山内 響(東洋大姫路) 【選手名鑑】
山崎 伊織(明石商) 【選手名鑑】
山本 宵吾(育英) 【選手名鑑】
結城 彪(滝川) 【選手名鑑】
吉高 壯(明石商) 【選手名鑑】
吉田 光一(社) 【選手名鑑】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
育英 【高校別データ】
県立伊丹 【高校別データ】
加古川東 【高校別データ】
神戸弘陵 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
飾磨工 【高校別データ】
神港学園 【高校別データ】
須磨翔風 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
滝川第二 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
長田 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
社 【高校別データ】
六甲アイランド 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム