第12回 9年で5人の内野手をプロへ輩出した國學院大コーチが伝授する知られざる基本【vol.1】2021年02月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ゴロに近づく際のポイント/重心が右側にあった方がチャンスがある
[2]グラブの捕球するポイントは3つ作る


 ゲームメイクを行う上で、内野手の守備力向上は欠かすことのできないテーマだ。今回は内野守備の基本的な考え方・技術についてアマチュア球界の名コーチにお話を伺った。

 國學院大の上月健太コーチ(八幡商出身)は、守備の名手として國學院大、社会人野球の東海REXで活躍された後、母校の國學院大学のコーチに就任。2012年以降は、谷内 亮太選手(日本ハム、金沢西出身)や山下幸輝選手(DeNA、関東一出身)、柴田 竜拓選手(DeNA、岡山理大附出身)に山崎剛選手(楽天、日章学園出身)など、守備に定評のある選手を次々とプロに送り出し、昨年のドラフト会議でも小川龍成選手(前橋育英出身)が千葉ロッテマリーンズにドラフト3位で指名を受けた。

 そんな上月コーチには、守備における基本的な技術とその練習方法を伺った。まず第1回目の今回は、ゴロに対して近づいていくところから、捕球するまでのポイントだ。内野手にとって勉強になる話ばかりなので、是非最後までご覧頂きたい。

vol.2はこちらから!
國學院大・上月コーチが伝授する「握り替え」の3つのポイント【vol.2】

ゴロに近づく際のポイント



 内野守備を局面ごとに見ていくと、まずゴロに対して近づいていき捕球、握り変え、スローイングと続いていく。まずは最初の局面である、ゴロに近づいていくところのポイントを伺っていく。

 ゴロに近づいていく際に、よく耳にするのが「ゴロに対して右から入っていく」という指導だ。一塁へのスローイングに繋げるために重要であるようにも思えるが、上月コーチは無理に右から入る必要はないと解説する。

 「基本的には、まずはボールに対して右から入るという意識よりも、ボールに対して真っ直ぐ動いた方が良いと思っています。少し右から見る意識も持ちますが、しっかり右からいこうとし過ぎると行う作業が増え過ぎてしまいます。直線で入っても、自分の左側(例えば一塁方向)に投げるのであれば、直接入っても投げやすいのかなと思います。

 その際に注意すべきことは、ボールにぶつかるのも良くないですが、待っていてもあまり良くありません。まずはボールに寄っていくこと意識して、そこからボールにぶつからないように自分で減速して向こうから来るのを待つか、来ないのなら寄っていくか、ある程度まで寄っていきながら合わせるのか。そういったところを意識しながら対応していきます」

重心が右側にあった方がチャンスがある



 國學院大学では、ゴロの捕球というよりも足の運び方や加速と減速のアジリティを練習の中で大切にしているという。ボールへの合わせ方を間違うと、動きが止まってしまいその後のの動きに繋がっていかない。ゴロに上手く合わせることは、捕球からスローイングまでを一連の動きでスムーズに行うことに繋がるのだ。

 「ゴロに近づくときに、重心が右側にあった方がチャンスがあります。左側に重心があるとほぼチャンスがないので、左の時間よりも右の時間が長い方がいいなと思います。ステップの際には、右足がどのように支えているがポイントなので、いつも選手にも右足が大事と伝えています。

 ステップは「2スキップ」と呼んでいるのですが、「パパン、パパン」というタイミングで捕球します。1回目のステップで捕球し、2回目のステップで送球に繋げるイメージを持ってもらえたらと思います」

【次のページ】 :グラブの捕球するポイントは3つ作る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第13回 國學院大・上月コーチが伝授する「握り替え」の3つのポイント【vol.2】【技術ノート 守備編】
第8回 2016年の人気記事ベスト5!面白くってタメになる!【コラム編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第29回 【内野守備上達ドリル・後編】國學院大学 上月 健太コーチに聞く「上達のポイントは持ち替えのスピード差」【先輩から学べ】
第28回 【内野守備上達ドリル・前編】國學院大学 上月健太コーチに聞く「選手の本質を見出すキャッチボール」【先輩から学べ】
第21回 國學院大学【前編】「自分を知ることが自立への第一歩」【先輩から学べ】
第166回 元千葉ロッテマリーンズ 渡辺 俊介 選手 【2013年インタビュー】
第109回 東北楽天ゴールデンイーグルス 聖澤 諒 選手 【2012年インタビュー】
第14回 千葉ロッテマリーンズ 渡辺俊介 選手 【2008年インタビュー】
國學院栃木 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム