6月になりました。夏の大会まであと1カ月程度という地区も多いのではないでしょうか。

 さて、問題です。6月4日は何の日でしょう?
答えは「むし歯予防デー」。ちなみに、6月4日から10日までの1週間は「歯と口の衛生週間」です。
「なぜ栄養のコラムでそんな話をするの?」と思った人もいるでしょう。実はスポーツ選手と歯や噛む力には深い関係があるのです。

目次

[1] 噛む力の重要性
[2] 「噛む力」をつけるには / 強い歯をつくろう

噛む力の重要性

▲食事の時、よく噛んでいますか??

 食事の時、よく噛んでいますか??小さい頃「よく噛んで食べるように」と言われてはいましたが、最近のみなさんの食事ではどうでしょうか?
しっかりと「噛む」ということにはいくつか理由があります。

 一般的に言われるのが「消化吸収の促進」です。よく噛まず大きなまま胃に届くと消化に時間がかかってしまいます。しっかり噛むことで、食物は小さくなりますから胃や腸での消化を手助けします。噛むことによって唾液の分泌も促進され、こちらも消化の手助けになります。

 また、その他の理由として2つ紹介します。

1.食いしばる力が強くなる⇒パワーが増強する
2.脳に刺激が与えられる⇒頭の回転が良くなる。集中力が高まる

 どちらも、野球をする上で重要ですね。
また、同時に大切なのが「噛み合わせ」です。噛み合わせは、頭の位置を固定したり腰の位置を安定させたりといった体のバランスに大きく関わります。あわせて意識したいですね。

このページのトップへ