印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第73回 オリジナルドリンクを作ろう2014年06月01日

 随分と暑くなりましたね。夏の大会まであと少し。頑張っていますか。
先月まで、コンビニの活用術をシーンに分けてお話ししてきました。今月は、活用術(3)にも出てきた飲料について。その中でも、自分で作れるオリジナルドリンクについて紹介します。

【目次】
[1] 運動中の「オリジナルドリンク」
[2] 運動後の「リカバリードリンク」

「水分補給」ってどんなもの?

 このコラムでも何度か水分補給について触れてきました。(参考コラム:水分補給について水分補給と炭酸飲料)水分補給…何の目的があったか、覚えていますか?
 単に喉の渇きを抑えるためだけではありませんでしたね。運動中であれば汗で失われる電解質(ナトリウムやカリウム、カルシウムなど)や糖質の補給、運動後であれば枯渇した糖質や筋肉の修復のためのたんぱく質(アミノ酸)などの補給…水分以外の栄養素の補給という目的もありましたね。

 市販のドリンクの代わりに自分でオリジナルドリンクを作ることができることは以前紹介しましたが、作ったことはありますか。今回は、先ほど出てきた2つの目的別に、オリジナルドリンクの作り方を紹介します。

運動中の「オリジナルドリンク」

水分補給のオリジナルドリンク

 先ほどもお話ししたように、運動中には電解質や糖質が必要でした。
 ドリンク100ml中にナトリウムが40~80mg、糖質が4~8%含まれているものが水分補給には効果的です。

 それを自分で作るためには、水100mlに対し食塩ひとつまみ、砂糖大さじ0.5~1これをまぜるとこの割合のドリンクができます。もちろん、このまま飲んでも構いません。
 ただし、特に味が付いているわけではありませんので…どちらかというと点滴のような味気なさ。(お好みでしたら、このままでどうぞ!)

 好みに応じて、砂糖をメープルシロップに変えてみたり、果物ジュースで作ってみたり、風味づけにレモンを絞ってみたり。割合さえ大幅に間違えなければ、大丈夫。色々な味を試してみてくださいね。

【次のページ】 運動後の「リカバリードリンク」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第9回 足のつりで後悔を残すな!原因やメカニズムを解説【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第175回 日焼けによる疲労とその対応【セルフコンディショニングのススメ】
第86回 夏野菜で夏を乗り切る【栄養学一口コラム】
第95回 実力を発揮するための暑さ対策【セルフコンディショニングのススメ】
第71回 試合時の脱水予防【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム