印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第72回 コンビニ活用術(3)2014年05月01日

 5月になりました。夏の大会に向けて、練習を頑張っていますか。新入部員のみなさんは、高校野球や野球部に、多少慣れてきたところでしょうか。
 3月から3回シリーズで、コンビニ活用術についてお話させていただいています。活用できていますか。それにしても、今年は早くから随分と暑い日が続きますね。水分補給、しっかりできていますか。今月はコンビニで「どのような飲み物を買うのがいいのか?」を考えていきましょう。

【コンビニ活用術第1回、第2回はこちらから!】
コンビニ活用術(1) 「コンビニで補食」何を買いますか?/何が必要か判断できる力をつけていきましょう
コンビニ活用術(2)「朝食」何食べる?/「昼食」何食べる?

【目次】
[1] コンビニで「普段」何を買う?
[2] コンビニで「試合の日」何を買う?

コンビニで「普段」何を買う?

ペットボトル飲料は量が多いので砂糖の量に注意

 ふらっとコンビニへ。ついでに飲み物も買うかな…という時、何を買うでしょう?
「その時に飲みたいもの!」という人もいるでしょう。
 もちろんそれでもいいのだけれど、ちょっと待って!少し、飲み物について考えてみましょう。

 考えてほしいのは、飲む量と中身。現在、飲料の大半がペットボトル飲料で作られています。(2012年生産量ベースで67.7%:一般社団法人 全国清涼飲料工業会発表)

 実際にみなさんが口にする飲料、ほとんどがペットボトル飲料ではないでしょうか。しかも500ml。つまり、量が多い。量が多いからこそ、しっかりと中身を見ていきたいですね。

 手にする可能性が高い飲料(ジュースとよばれるもの)で、特に注意したいのが砂糖の量。例えば、コーラ500ml中には65g、果汁炭酸飲料500ml中には55g、紅茶500ml中には32.5g…さて、1日に摂取する砂糖の目安はどれくらいだと思いますか。

 摂取量の目安は、小人で15g、成人で30gとされています。当然、料理にも砂糖は使われるわけですから、考えさせられますよね。
 あわせて考えたいのは、添加物。着色料や甘味料、保存料など様々なものが使われている商品もありますので、裏面の表記を確認するようにしましょう。

 普段に飲むものとしては、お茶や水で十分だと思います。飲み過ぎには注意しましょうね。

【次のページ】 コンビニで「試合の日」何を買う?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第194回 脱水症状を防げ!水分補給に最適な飲み物とは?【セルフコンディショニングのススメ】
第151回 夏の暑さを乗り切る毎日の習慣【セルフコンディショニングのススメ】
第63回 真夏の暑さに負けない!猛暑対策&足つり対策を一挙紹介!【高校野球コラム】
第3回 適切な水分補給と試合後の栄養補給!管理栄養士が語る高校野球のあるある!【球児のための栄養学】
第148回 酷暑の中での初戦対策【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム