第36回 エネルギーを蓄えるために心がけること(3/3)2011年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【ついに高校野球の夏!スタミナをしっかりつけよう】

 暑い毎日が続きます。早い地区では大会が始まっていますね。ほとんどの地区が間もなく開幕…皆さん一生懸命頑張っていることでしょう。今月は「エネルギーを蓄える」3回シリーズの最終回です。今回は「試合当日に心がけること」をお話します。

 今回のキーワードも、おなじみの「炭水化物」です。エネルギー源でしたね。「また炭水化物かよ!!!」と思った人もいるかもしれません。でも、それだけ大切な栄養素だということ。しっかり意識してほしいと思います。

 さて、「試合当日はどういった食事にしたらいいですか」という質問をよく受けます。前日までにエネルギーをしっかりため込んでいるとは思いますが、当日も補給することが大切になります。

 まずは、朝食を食べること。第一試合であっても、消化のことを考えて食事は試合の3時間前までに済ませてしまいましょう。もちろん、第二試合、第三試合でも同じです。昼食を試合前にとる時は、試合の3時間前まで。自分の試合時間から逆算して、食事時間を調整しましょう。

 試合前は緊張している人も多いと思います。マネージャーだった私も緊張していたくらいですから…選手のみなさんはきっと緊張しているでしょう。そんな状態でも「喉を通らないから朝食はとらない」というのはダメ、絶対にダメです。

 食事は炭水化物を重視した消化のいいものを食べるようにしましょう。ご飯はもちろん、うどんやもちもいいですね。オリンピック選手のレース当日の朝食が「力うどん」だったという話も有名です。そばには炭水化物の吸収を促進する「ビタミンB1」も多く含まれますから、上手に取り入れていきましょう。逆に脂質の多いものは消化が良くありませんので、ご注意を。

【次のページ】 エネルギーを蓄えるために心がけること(3/3)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第2回 管理栄養士が語る高校野球のあるあるネタ!意外と知られていない!試合前日と試合中の栄養補給【球児のための栄養学】
第82回 間もなく対外試合解禁!確認しておきたい試合前の必要な栄養素【栄養学一口コラム】
第81回 ゲン担ぎ食【栄養学一口コラム】
第80回 おもちのススメ【栄養学一口コラム】
第79回 持久力をあげるために(2)【栄養学一口コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム