第34回 エネルギーを蓄えるために心がけること (1/3)2011年05月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【エネルギー源である炭水化物をしっかり摂ろう】

各地で春の大会もほぼ終わり、夏の大会に向けて頑張っているところでしょうか。早い地区では大会まであと1ヶ月半、私が住んでいる福岡でもあと2カ月となりました。

さて、種目によって試合時間は違いますが野球は試合時間が長いスポーツですね。5回コールドでも1時間以上、9回までやると2時間半程度、延長になるとそれ以上!!!!そんな野球で大切なことは、エネルギー切れを起こさないこと。どんなに練習しても、肝心な試合中にエネルギーが切れてしまっては元も子もありません。では、エネルギー切れを起こさないためにどうしたらいいか、今月から3回シリーズでお話したいと思います。

エネルギー源って何だったか覚えていますか?炭水化物でしたね。炭水化物が多く含まれているものは?米(ご飯)、パン、麺類、バナナ、いも…など、色々ありました。(覚えていなかった人は第3回コラム炭水化物をもう一度読んでみましょう)

第一回の今月は、炭水化物を摂るために普段から心がけることについてお話しします。

【次のページ】 エネルギーを蓄えるために心がけること (1/3)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 軽視するべからず!学校での昼食や間食の摂り方【球児のための栄養学】
第2回 管理栄養士が語る高校野球のあるあるネタ!意外と知られていない!試合前日と試合中の栄養補給【球児のための栄養学】
第82回 間もなく対外試合解禁!確認しておきたい試合前の必要な栄養素【栄養学一口コラム】
第81回 ゲン担ぎ食【栄養学一口コラム】
第80回 おもちのススメ【栄養学一口コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム