第3回 炭水化物2008年10月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

今月は五大栄養素の中の「炭水化物」についてお話します。(五大栄養素については第2回コラムをご覧ください)

「炭水化物」は別名「糖質」とも呼ばれ体の主要なエネルギー源です。炭水化物が不足すると、体はどうなるでしょうか。

エネルギー源ですから、スタミナ切れが起こりパフォーマンスの低下がおこります。また、炭水化物は脳のエネルギーにもなりますから、集中力が切れてしまったり、ミスをしてしまったりします。また炭水化物が不足してしまうと、別の栄養素を体はエネルギーとして利用するようになります。その別の栄養素とは「たんぱく質」と「脂質」です。

体にたんぱく質は多く存在しますが、その半分が筋肉という形で存在しています。つまり、エネルギー源としての「炭水化物」が不足すると筋肉を分解してエネルギー源としてしまうのです。せっかく、ウエイトトレーニングで筋肉をつけても、このようになっては意味がありませんよね。「ウエイトトレーニングをしているけれど、筋肉がつかないんです。」という選手の声をたまに聞きます。このような選手は、炭水化物不足が見られるかもしれません。

さて、炭水化物は何に多く含まれるのでしょうか。

炭水化物は、日本人の主食である「米」、「パン」や「麺類」、「芋」や「バナナ」に多く含まれます。毎日、しっかり食べていますか?

「糖質」と聞いて連想される「砂糖」も「炭水化物」の仲間です。砂糖は、吸収速度の速い炭水化物ですが、同時にエネルギーの低下も早いですので瞬間的なエネルギーの補給には使えますが、スポーツをする上ではおすすめできません。ただし、「米」などの炭水化物も時間とともに低下していきますので、「朝だけ」「昼だけ」といった摂取の仕方でなく「三食しっかり」摂っていきたいですね。

■ 鎌倉彩さんへの質問は栄養学掲示板でどうぞ
栄養学掲示板

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 糖質の重要性を考えよう!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第2回 管理栄養士が語る高校野球のあるあるネタ!意外と知られていない!試合前日と試合中の栄養補給【球児のための栄養学】
第82回 間もなく対外試合解禁!確認しておきたい試合前の必要な栄養素【栄養学一口コラム】
第81回 ゲン担ぎ食【栄養学一口コラム】
第80回 おもちのススメ【栄養学一口コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム