第5回 体幹とは何か2010年12月01日


フォームに関する2つのイメージ

第5回は「体幹」についてお話ししたいと思います。

今では当たり前のように耳にするようになった言葉ですが、「体幹」=「おなか周り」「胴体」といった認識の方が多いのではないでしょうか。
私がイメージして、埼玉西武ライオンズの片岡易之選手らのトレーニングに反映させている「体幹」は、それらとは少し異なります。
私が考える体幹部とは体の軸を司っている部分。つまり首から膝までです。

ですから強化すべき筋肉は、大きく言って、首、大胸筋と脊柱起立筋、広背筋、菱形筋、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、腹筋下部。さらに大臀筋と言われるお尻の筋肉、その先は脚部になりますが、

特に内転筋ですね。それらを体幹部の筋肉として捉えています。

首が体幹というのは意外に思われるかもしれませんが、1つの目安としては、ある部分がズレるとそれに伴って他の部分も動いてしまう部位。
それらが体幹部であるという考え方です。例えば首が左に動けば、骨盤というのは右に動いてアーチを作ってバランスを取ります。
そう考えると首が体幹の一部であることがイメージできるのではないでしょうか。 
さらに首は体幹部の1番上の部分で、人間はそこに10㎏近い頭がついているわけですから、首が強くないとバランスを崩しやすいわけです。ですから首をしっかりとトレーニングすることは、みなさんが考えている以上に重要なことなんです。

片岡選手も元々は首が細かったんですが、トレーニングの成果でかなりたくましくなっています。どんな競技でも首が細い選手に一流選手はほとんどいません。サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手もかなり首が太いですよね。1度、一流選手の首に注目してみてください。