野球部訪問

  • 都立小平高等学校(東京)
    2015.07.11
    第260回 都立小平高等学校(東京)
    西東京の都立校の中で、高い実績を残しているのが都立小平だ。一体どんな取り組みをして、チーム力を高めているのか。今回は都立小平グラウンドから強さの中身について迫った。
    詳細はこちら
  • 成蹊高等学校(東京)
    2015.07.10
    第256回 成蹊高等学校(東京)
    今年野球部創部90年を迎えるなど歴史と伝統がある成蹊。夏の大会に向けて、野球部の現状やこれまでの取り組み、進学校ならではの勉強と部活動との両立などについて伺った。
    詳細はこちら
  • 日本大学鶴ヶ丘高等学校(東京)
    2015.07.02
    第247回 日本大学鶴ヶ丘高等学校(東京)
    西東京を代表する名門・日大鶴ヶ丘。昨年は6年ぶりとなる甲子園出場を決めた。今年はポテンシャルの高い選手が揃い、夏の西東京では、怖い存在になることは間違いない。
    詳細はこちら
  • 日体荏原高等学校(東京)
    2015.07.02
    第246回 日体荏原高等学校(東京)
    昨年、学校創立110周年を迎えた日体荏原高等学校。部活動が盛んで、野球部も東京を代表する伝統校だ。甲子園からはしばらく遠ざかっているものの、今年は頼れるキャプテンを中心に勝ちあがりが期待されている。
    詳細はこちら
  • 聖パウロ学園高等学校(東京)
    2015.07.01
    第245回 聖パウロ学園高等学校(東京)
    2009年に就任した勝俣秀仁監督の指導の下、着々と実力を上げてきた聖パウロ学園。その秘訣となるバッティングの強化や、選手達の意識の変化などについて伺った。
    詳細はこちら
  • 早稲田大学高等学院(東京)【後編】
    2015.06.26
    第234回 早稲田大学高等学院(東京)【後編】
    今夏、早大学院のカギを握るのは層が厚い投手陣だ。後編では、早大学院が誇るタイプが異なる4人の好投手を紹介しつつ、この夏勝ち上がるために必要なことなどを伺った。
    詳細はこちら
  • 早稲田大学高等学院(東京)【前編】
    2015.06.25
    第233回 早稲田大学高等学院(東京)【前編】
    昨秋、今春と激戦区東京で16強に進出した西東京の早大学院。勉学と両立させながら、コンスタントに勝ち上がっている。そして迎える今夏。早大学院は4人の好投手を擁し、いよいよ“聖地”を射程圏内にとらえた。
    詳細はこちら
  • 都立江戸川高等学校(東京)
    2015.06.21
    第224回 都立江戸川高等学校(東京)
    2001年夏のベスト4、2年前の夏のベスト8、そしてこの春の都大会では都立校で唯一ベスト8に進出するなど、近年活躍が目立つ都立江戸川。練習をする時間も場所も限られている中で、なぜ結果を残しているのか。
    詳細はこちら
  • 日本大学第三高等学校(東京)【後編】
    2015.06.20
    第222回 日本大学第三高等学校(東京)【後編】
    後編では、小倉監督が抱いている「三高に来て良かったと思わせないといけない」という気持ちの根底にある、自身の高校時代の経験などを交えながら、夏への意気込みを伺った。
    詳細はこちら
  • 日本大学第三高等学校(東京)【前編】
    2015.06.19
    第221回 日本大学第三高等学校(東京)【前編】
    戦前から甲子園大会に出場し、春1回、夏2回全国制覇をした有数の伝統校であり強豪である日大三。昨秋の都大会初戦の敗戦からどのようにして復活したのか。町田市にある練習場を訪ねた。
    詳細はこちら