高校野球ドットコム

野球部訪問

  • 市立松戸高等学校(千葉)
    2015.06.11
    第208回 市立松戸高等学校(千葉)
    この春大躍進をした市立松戸。関東大会進出は逃したが、周囲に「今年の市立松戸は要注意」と感じさせるのに十分の活躍だった。春の県大会ベスト4を経て夏に挑む市立松戸ナインを追った。
    詳細はこちら
  • 木更津総合高等学校(千葉)【後編】
    2015.06.04
    第200回 木更津総合高等学校(千葉)【後編】
    2003年から4度夏の甲子園に出場している木更津総合。後編では木更津総合の強さをもたらす選手たちのメンタリティ、さらにセンバツを踏まえ、夏を見据えてどんな準備を行っているかについて伺った。
    詳細はこちら
  • 木更津総合高等学校(千葉)【前編】
    2015.06.03
    第199回 木更津総合高等学校(千葉)【前編】
    2003年から4度夏の甲子園に出場している木更津総合。前編では激戦の千葉大会を勝ち抜く秘訣、体力強化などのメニューについて伺った。
    詳細はこちら
  • 千葉経済大学附属高等学校(千葉)【後編】
    2015.03.06
    第174回 千葉経済大学附属高等学校(千葉)【後編】
    後編では、引き続き千葉経済大学附属高等学校の松本監督に、実戦感覚を失わせず、春に結果を出せる取り組みについて伺った。
    詳細はこちら
  • 千葉経済大学附属高等学校(千葉)【前編】
    2015.03.05
    第173回 千葉経済大学附属高等学校(千葉)【前編】
    全国舞台でも強打を発揮する千葉経大附だが、なぜ伝統的に打撃力が高い選手を育てあげることができるのか?率いる松本 吉啓監督に打撃力の高め方についてお話を伺った。
    詳細はこちら
  • 県立松戸国際高等学校(千葉)【後編】
    2014.12.28
    第163回 県立松戸国際高等学校(千葉)【後編】
    後編では、松戸国際野球部の石井監督に、具体的にどんなチーム、どんな選手を目指しているのかといったことや、夏へ向けての意気込みを詳しく語っていただいた。
    詳細はこちら
  • 県立松戸国際高等学校(千葉)【前編】
    2014.12.27
    第162回 県立松戸国際高等学校(千葉)【前編】
    名将、石井忠道監督が2007年春に赴任以降、2012年春・2014年秋に関東大会進出と近年目覚ましい活躍を見せる松戸国際。チームで大事にしている3つのコミュ二ケーションについて指導法を探ってみた。
    詳細はこちら
  • 東海大学付属望洋高等学校(千葉)
    2013.12.31
    第112回 東海大学付属望洋高等学校(千葉)
    毎年、春になると他校よりも身体が大きくなる印象を受ける東海大望洋。2010年選抜に出場し、関東大会は常連として定着している強豪だが、驚くべきことに寮がない。
    詳細はこちら
  • 県立銚子商業高等学校(千葉)
    2011.11.23
    第47回 県立銚子商業高等学校(千葉)
    野球王国・千葉県が誇る伝統校・銚子商業。春・夏合わせて20回出場した甲子園では39勝19敗の実績を残している。出場回数と勝利数は、いずれも千葉県最多である。そして今、銚子商は“古豪復活”を目指し、新たな取り組みで鍛え続けている。
    詳細はこちら