野球部訪問

  • 前橋育英高等学校(群馬)【後編】
    2014.12.26
    第161回 前橋育英高等学校(群馬)【後編】
    前編に引き続き、前橋育英高校野球部にコミュニケーション力を高めるための取り組みについて伺った。
    詳細はこちら
  • 前橋育英高等学校(群馬)【前編】
    2014.12.25
    第160回 前橋育英高等学校(群馬)【前編】
    2013年夏の甲子園覇者・前橋育英。今夏は群馬大会3回戦で、健大高崎に敗退するも、秋の群馬県大会では準優勝。強さは健在だ。そんな前橋育英野球部にコミュニケーションについて話をうかがった。
    詳細はこちら
  • 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬) 【後編】
    2014.12.14
    第159回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬) 【後編】
    健大高崎の「機動破壊」のスペシャリティーについて、前編に引き続き探ってみた。その他、甲子園でも活躍した2選手に登場してもらい、走塁についても語ってもらった。
    詳細はこちら
  • 敦賀気比高等学校(福井)
    2014.12.13
    第158回 敦賀気比高等学校(福井)
    2014年夏、5試合で計58得点、5試合連続の7本塁打と圧倒的な打撃力をバックに全国ベスト4に駆け上った敦賀気比。その強さの秘密を東哲平監督と前チーム主将の浅井洸耶選手に迫った。
    詳細はこちら
  • 県立松山東高等学校(愛媛)【後編】
    2014.12.02
    第157回 県立松山東高等学校(愛媛)【後編】
    夏準優勝、秋四国大会出場を果たした松山東の多彩なコミュニケーション術がカギを握るが、後編では選手間でのミーティングの具体的な中身に迫ってみた。
    詳細はこちら
  • 県立松山東高等学校(愛媛)【前編】
    2014.12.01
    第156回 県立松山東高等学校(愛媛)【前編】
    夏準優勝、秋四国大会出場と県内きっての進学校・愛媛県立松山東高等学校の復活には、同校独特の気合い入れ「がんばっていきまっしょい」を創る多彩なコミュニケーション術があった。
    詳細はこちら
  • 春日部共栄高等学校(埼玉)
    2014.11.20
    第155回 春日部共栄高等学校(埼玉)
    この夏、9年ぶり5回目の夏の甲子園出場を果たした春日部共栄。就任35年目の本多利治監督に、選手のケガ防止などについてどのような取り組みをしているかをうかがった。
    詳細はこちら
  • 三重高等学校(三重)【後編】
    2014.11.19
    第154回 三重高等学校(三重)【後編】
    前編に引き続き、三重高校の中村監督に、三重高校野球部の練習への取り組み方や、怪我を防ぐために心がけていることや考え方などをうかがった。
    詳細はこちら
  • 三重高等学校(三重)【前編】
    2014.11.17
    第153回 三重高等学校(三重)【前編】
    今年の春、夏の三重を制覇し、甲子園大会でも堂々の準優勝という成績を収めた三重高校野球部を訪問し、中村好治監督に話を聞いた。
    詳細はこちら
  • 東邦高等学校(愛知)
    2014.09.30
    第152回 東邦高等学校(愛知)
    スピードと打撃力を備えた選手が毎年いるのが特徴の東邦。どんな取り組みで、選手を育ててあげているのか。今回は、走塁面、打撃面の2つにしぼり、東邦の取り組みに迫った。
    詳細はこちら