野球部訪問

  • 瓊浦高等学校(長崎)
    2011.10.08
    第44回 瓊浦高等学校(長崎)
    ある日の長崎ビッグNスタジアムでのことだった。体格のいい選手が次々と現れは、鋭いバットスイングで次々と打球をスタンドに放り込む。そのユニフォームに刻まれた"瓊浦"の文字。彼らは一体どのようなトレーニングをしているのだろうか。
    詳細はこちら
  • 県立大分西高等学校(大分)
    2011.09.15
    第43回 県立大分西高等学校(大分)
    どんなに多くの部員がいても、試合に出られるのはたった9人だ。試合をする以上、目的は勝つこと。最低限、負けない準備の整っている選手がレギュラーに選ばれることになる。では、レギュラーには何が求められるのか。
    詳細はこちら
  • 二松学舎大学附属高等学校(東京)
    2011.09.12
    第42回 二松学舎大学附属高等学校(東京)
    どんなに多くの部員がいても、試合に出られるのはたった9人だ。試合をする以上、目的は勝つこと。最低限、負けない準備の整っている選手がレギュラーに選ばれることになる。では、レギュラーには何が求められるのか。
    詳細はこちら
  • 県立東温高等学校(愛媛)
    2011.08.30
    第41回 県立東温高等学校(愛媛)
    この夏、1957年の創部以来32年ぶり2度目となる愛媛大会ベスト4へと躍進した東温高校。下級生が多いにも関わらずチーム完成度の高さが目に付いた東温高校。 その躍進の原動力はどこにあるのか、強さの秘密に迫ってきた。
    詳細はこちら
  • れいめい高等学校(鹿児島)
    2011.08.16
    第40回 れいめい高等学校(鹿児島)
    れいめいに昨夏の大会終了後、当時29歳の青年監督が就任することになった。湯田太監督である。 れいめいを変えた青年監督の情熱に迫る。
    詳細はこちら
  • 済美高等学校(愛媛)
    2011.07.11
    第39回 済美高等学校(愛媛)
    2004年、わずか創部3年目でセンバツ初出場初優勝。その後の高校野球戦術すら変えてしまったといってよい済美。では、いったいなぜ彼らはわずかな期間でこのような打棒を手にすることができたのだろうか?
    詳細はこちら
  • 国士舘高等学校(東京)
    2011.06.30
    第38回 国士舘高等学校(東京)
    5年前、国士舘高校野球部に永田前監督の教え子でもある箕野監督が就任すると、これまでの伝統を継承しつつ、新たな風を徐々に吹き込んでいった。そして今、箕野監督の想定以上に、選手たちは大きな成長をみせている。
    詳細はこちら
  • 春日部共栄高等学校(埼玉)
    2011.06.22
    第37回 春日部共栄高等学校(埼玉)
    グラウンドの中には、指導陣の影はない。誰かに見られているから、言われるからではなく、「自分たちがどうしたいのか」全員がその問いに向き合いながら、彼らは常にグラウンドに立ち続けている。就任32年目を迎える本多監督率いる埼玉の強豪・春日部共栄の姿に迫る。
    詳細はこちら
  • 早稲田佐賀高等学校(佐賀)
    2011.06.19
    第36回 早稲田佐賀高等学校(佐賀)
    早稲田大学の系属校ということもあって、佐賀県はもとより九州の高校野球界や高校野球ファンの間では大きな期待がかけられ船出した早稲田佐賀の2年目の挑戦を追った。
    詳細はこちら
  • 大阪桐蔭高等学校(大阪)
    2011.05.27
    第35回 大阪桐蔭高等学校(大阪)
    全員が一球に対して同じ心を持つという意味の『一球同心』を目指す大阪桐蔭から、夏まで残り1ヶ月でのチームのレベルアップ術を学ぶ。
    詳細はこちら