野球部訪問

2018.06.01
仙台二(宮城)データ野球で半歩でもリードを奪い、強豪私学相手に打ち勝つ!
杜の都の早慶戦と呼ばれる、仙台一との定期戦が毎年組まれている仙台二。その仙台二は県内有数の進学校で知られ、授業時間の長さなどによる練習時間・場所に制限がある彼らの練習への考えに迫る。
2015.07.05
宮城県塩釜高等学校(宮城)
昨年は春夏ともに4強入り。今春は敗者復活戦を勝ち上がって県大会に出場し、仙台育英に敗れたものの8強入りを果たした。県大会後、野球に対する気持ちを再確認し、スパートをかける塩釜に夏の意気込みを聞いた。
  • 宮城県登米高等学校(宮城)
    2015.07.03
    第248回 宮城県登米高等学校(宮城)
    「登米市から甲子園」をキャッチフレーズに徐々に力を付け、今年創部初の東北大会出場を決めた登米高校。地域の応援も受けながら、聖地を目指すチームを直撃した。
    詳細はこちら
  • 仙台育英学園高等学校(宮城)
    2014.08.23
    第147回 仙台育英学園高等学校(宮城)
    今夏4回戦で破れ、甲子園出場を逃した仙台育英。しかし前チームのゲームセットは、新チームのプレーボール。今秋、そして、来夏へ。名門・仙台育英の新たな挑戦が始まっている。
    詳細はこちら
  • 東陵高等学校(宮城)
    2014.03.14
    第125回 東陵高等学校(宮城)
    今春、選抜大会に初出場する東陵の選手たちは、全体練習を「自主練習」のように、選手自らが考えて取り組むことが出来る。実は、その取り組みこそが、個々のレベルアップにもつながっている。
    詳細はこちら