第191回 霞ヶ浦高等学校(茨城)【後編】2015年05月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

霞ヶ浦高等学校【前編】はこちらから!

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]基本を徹底することで理に叶ったフォームを習得
[2]先輩からのアドバイスと後輩への思いも戦う力に

「霞ヶ浦が考える好投手になるための基本事項」

 前編では、霞ヶ浦野球部での考える投手になるための条件を教えて頂いた。後編では霞ヶ浦の環境の下で、急速にレベルアップを遂げたエースの綾部 翔投手を中心に、成長の過程を伺い、また夏に向かう彼らへ今年の思いを伺った。

基本を徹底することで理に叶ったフォームを習得

綾部 翔投手(霞ヶ浦)

 187センチ大型右腕・綾部投手のストレートの最速は145キロ。入学当時の最速は126キロだったというから、約2年で20キロ近くアップしたことになる。高橋 祐二監督は「他の投手もだいたい10キロは速くなっていますよ」とこともなげに言うが、綾部投手は「もし霞ヶ浦高に来ていなかったら、こんなに速くなっていなかった」と認識している。

「立ち投げを続けたのも大きかったと思います。高橋監督からは“力まないで投げろ”“開きを抑えて下で投げろ”“前で離せ”といった指導を受けています」

 入学以来大きなケガをしなかったのも、綾部投手の順調な成長を後押ししたのだろう。高橋監督は“週500球まで”を忠実に守り、「1回の投げ込みで90球を超えるとフォームがバラバラになり、肩の疲労も出てくる」というところまで考えている。また、フィジカル面は、(AFAA認定の)パーソナル・フィットネストレーナーの資格を持つ石崎 学コーチがサポートと、体制もしっかりしている。石崎コーチは、高橋監督がバレー部の監督をしていた20年ほど前から、高橋監督のもとでトレーニング指導を担当している。「ウチには故障をする投手はまずいないはずです」(高橋監督)という言葉も、なるほど、うなずける。

 綾部投手をはじめ、霞ヶ浦高投手陣の成長を促しているのが、理に叶ったフォームを身に付けるための「基本の徹底」だ。綾部 翔安高 颯希浅賀 蒼太の3投手に「指導を受けた中で、一番ピッチングに生きていることは?」と訊ねると、申し合わせたように「“立ち”“はがし”“受け”という基本です」という答えが返ってきた。

 ところで“立ち”“はがし”“受け”とは、いったい何のことなのだろう?

「“立ち”はバランス良くマウンドに立つことです。はじめにスッとした形で立てないと“ヒップファースト”の形を作れませんし、スムーズな体重移動もできませんからね。“はがし”とは、グラブ側の肩甲骨をきれいにはがすことを指します。要はグラブの小指をひねりながら、“カベ”を作るわけです。うまくグラブを使えないがために、開きが早くなってしまう子が多いので…そして“受け”ですが、これは“投げ終わりの時に股関節で受ける”ということです。右投手なら左の、左投手なら右の股関節でしっかり受けることで、ヒザが割れなくなるのです」(高橋監督)

 左サイドクォーターの安高投手は「“立ち”“はがし”“受け”を実践し続けることで大きく変わりました」と言った後、こんな話を披露してくれた。
「僕は変則なので、入学するまでは(変則に基本は)関係ないのかなと思っていたんです。ですが、高橋先生から基本の重要性を教えてもらい、変則であっても基本が大切だとわかりまして。基本を意識しながら練習したところ、体に負担がかからない投げ方ができるようになりましたし、たくさん投げても疲れにくくなりました」

 安高投手は1年秋、再試合となった常総学院高との決勝で完投劇を演じた。これも“立ち”“はがし”“受け”を徹底してきた賜物なのだろう。

このページのトップへ

夏、勝てる投手になるためのプロセス
2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 先輩からのアドバイスと後輩への思いも戦う力に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第225回 大会屈指の怪腕・鈴木寛人(霞ヶ浦) リズムを狂わせた先頭打者本塁打と甲子園の重圧【ドラフト特集コラム】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第950回 【第101回大会展望】星稜、智辯和歌山ら優勝候補がいきなり同ブロック!3回戦まで激戦の連続!【大会展望・総括コラム】
第9回 霞ヶ浦高等学校(茨城)【4年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
霞ヶ浦vs石岡一【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
霞ヶ浦vs水戸桜ノ牧【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
藤代vs霞ヶ浦【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
常総学院vs霞ヶ浦【茨城県 県南選抜大会】
第322回 霞ヶ浦高等学校 綾部 翔投手「先輩たちの思いを背負いレベルアップを追求し続けた3年間」 【2015年インタビュー】
霞ヶ浦 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム