印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第170回 奈良大学附属高等学校(奈良)【後編】2015年02月22日

奈良大学附属高等学校(奈良)【前編】はこちらから!

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]選抜出場が決まってもいつも通りの冬を過ごす
[2]クリーンアップに名を連ねるW池田と進化するエース
[3]初の甲子園では自分達の野球を

 後編では奈良大附の環境について迫りました。私学ですが、実はそれほど施設は恵まれているわけではなく、他部活と兼用になることが多いようです。そんな中で、選手たちはどういう調整をしているのでしょうか。

選抜出場が決まってもいつも通りの冬を過ごす

打撃練習前にベンチプレスを行う(奈良大学附属高等学校)

 奈良大附は名前からわかる通り私立だが、その練習環境は立派なウエイトトレーニング器具や室内練習場があるわけでもなく、雨の日は校舎内でランニングと筋力トレーニングを行う。

 グラウンドも他の運動部と共有で、この日は15時までサッカー部の公式戦が行われていたため、その時間帯は学校近くの坂道でダッシュを繰り返すなど、周辺の環境で、できる限りの練習に取り組んでいた。

 今年は坂口 大誠池田 陵太と全国クラスの投打の中心選手がいるが、スーパー1年生が毎年のように入ってくるわけでもなく、その雰囲気は強豪私立というよりも公立校にかなり近い。

 選抜を控えた初めての冬だが練習メニューは、「いつもよりは若干ランナーをつけてのノックやシートバッティングを増やしてるのはありますけど、いつもとそんなに変わりませんよ」と例年通りの調整を行う。雪の積もらない地域ということもあり、シーズン中、オフシーズン関係なくボールを使っての技術練習とトレーニングを年間通して行っている。選抜までの残り1ヶ月の中で、何より望まれるのは打線の強化。

 近畿大会では鳥羽戦(試合レポート)は8回まで、箕島戦(試合レポート)は5回まで互いにゼロ行進が続き最終スコアも共に3点以下のロースコアの試合だった。坂口が相手打線を抑える一方、奈良大附打線も効果的に得点を奪うことが出来ず主導権を握れなかった。選抜で勝ち上がるためには攻撃陣の奮起が欠かせない。

第87回選抜高校野球 特設ページ
2015年度 春季高校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 クリーンアップに名を連ねるW池田と進化するエース

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
奈良大附vs羽黒【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
奈良大附vs天理【奈良県 2018年夏の大会 第100回選手権奈良大会】
第729回 奈良展望 天理・智辯学園は再戦が実現するのか?高田商ブロックは最激戦区!!【大会展望・総括コラム】
第521回 高校野球ドットコム座談会 「5季連続優勝の智辯学園に立ちはだかる実力校たち」【大会展望・総括コラム】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
奈良大附vs平城【奈良県 2016年春の大会 平成28年度春季奈良県大会】
阪南大高vs奈良大附【2015年秋の大会 平成27年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第258回 奈良大学附属高等学校 坂口 大誠投手「抜群のコントロールを築き上げたプロセス」 【2015年インタビュー】
池田 陵太(奈良大附) 【選手名鑑】
池田 悠介(奈良大附) 【選手名鑑】
坂口 大誠(奈良大附) 【選手名鑑】
髙橋 康太朗(奈良大附) 【選手名鑑】
中山 怜央(奈良大附) 【選手名鑑】
前田 勇大(奈良大附) 【選手名鑑】
松下 侑平(奈良大附) 【選手名鑑】
奈良大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小中 翔太
小中 翔太
  • 1988年大阪府生まれ、京都府宮津市育ち。大学野球連盟の学生委員や独立リーグのインターン、女子プロ野球の記録員を経験。主なWebの寄稿は高校野球ドットコム。また、野球専門誌「Baseball Times」にて阪神タイガースを担当し、スポーツナビやYahoo!ニュースにも寄稿する。大阪、京都を中心に関西の球場に出没中。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム