第146回 松山聖陵高等学校(愛媛)2014年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1] 心を合わせた「拍手」と「アップ」
[2] 松山聖陵、2014年バージョンで加える「丁寧さ」
[3] 「全員野球」で目指す愛媛・夏の初戴冠


全員で太陽をつかむ夏

 一年前、今春の東都大学リーグで亜細亜大6連覇の救世主となった右腕・嘉陽 宗一郎を大黒柱に、6年ぶりとなる全国高校野球選手権愛媛大会ベスト4へ進出した松山聖陵高等学校。今季は1999(平成11)年沖縄尚学(沖縄)の三塁手として沖縄勢センバツ初優勝、春夏連続出場を経験した荷川取 秀明監督に導かれ、新たな形での「全員野球」で夏の愛媛初頂点を目指そうとしている。そのキーワードを6月の練習から探った。

心を合わせた「拍手」と「アップ」

心を一つにして全員野球で夏に挑む

 6月18日・水曜日夕刻。選手権愛媛大会のメイン会場・坊っちゃんスタジアム。その外周を松山聖陵の選手たちは必死の形相で走っていた。今月は3年生と下級生の選手権メンバーは野球部寮を使った長期合宿中。疲労もピークにある中で最後に行なわれた「全員リレー」は、彼らの疲労感を容赦なく増幅していく。

 にもかかわらずアンカーのゴールを迎える選手たちの輪からは、まるで爽やかな風が吹き抜けるかのように拍手が鳴り響いた。これが「僕らの代から気付いたら、みんながするようになっていた」というのは主将の国吉 翔平だ。これで選手同士が健闘を称えるのである。

「みんなで打って、守って、みんなで喜ぶ」と藤田 大輝(2年)が説明するように、練習に対して、選手だけでなく、荷川取 秀明監督や平田 直輝コーチからも、選手の頑張りを讃える声がかかり、ゴールの後、選手とスタッフの間には笑顔があふれる。

 翌日、松山市久万ノ台の小高い丘の上にある学校横のグラウンドで始まった通常練習でも、心を合わせた動きは継続された。グラウンド整備は全員が担当。「謙虚な心と全力疾走!」を5回連呼し一礼後に始まったランニングや体操は正に「一糸乱れず」。続いて「3、4年前からチームのベースを作り、緊張感を作るために採り入れている」(荷川取監督)ラダー・ハードル、1年生はタイヤを使ったステップトレーニングでも、同じ動きが列をなした。

「僕は全員が同じ方向に向いて戦うことが強いと思っているので、最後まで競わせながら、自分に何ができるかを考えて行動できるようにチームを作っています」

 指揮官の一貫した方針の下で、3学年が全て入った形で5班制を作り行なう毎朝の学校・寮周辺のゴミ拾いや、寮内の食事当番制など、グラウンド外でも全員でかかわることを重要視する松山聖陵野球部。「沖縄尚学当時に行なっていて判断が養われたので、松山聖陵でも取り入れている」3人1組でのキャッチボールを含めた一連のアップは「3年生に言われないようにしっかりすることを心がけている」齋藤 友紀(2年・遊撃手)など、上級生から下級生まで全員の意識が統一されていることがはっきり解るものだった。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】  松山聖陵、2014年バージョンで加える「丁寧さ」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
新田vs松山聖陵【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
松山聖陵vs小松【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
松山聖陵vs四学大香川西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
大分vs松山聖陵【第91回選抜高等学校野球大会】
新居 裕崇(松山聖陵) 【選手名鑑】
石川 大祐(松山聖陵) 【選手名鑑】
加藤 裕史(松山聖陵) 【選手名鑑】
嘉陽 宗一郎(松山聖陵) 【選手名鑑】
木村 智彦(松山聖陵) 【選手名鑑】
国吉 翔平(松山聖陵) 【選手名鑑】
松山聖陵 【高校別データ】
コメント (2)
三年目の栄冠2016.08.06 ファン
>確固たる積み上げで臨むその結晶が目指すものは「愛媛・夏の初戴冠」である。

2016年夏、ついに栄冠をつかみ取りましたね。
本当によく頑張りましたね。
甲子園での活躍を期待しています。
がんばれ!笑2014.08.12 沖縄から
りーきー!
俺もふくおかでがんばるから
やーもがんばれよー!!( ̄▽ ̄)

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム