第142回 龍谷大学付属平安高等学校(京都)2014年06月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1] 河合を中心にチームは力を合わせる
[2] 指揮官が思う平安のレギュラーに必要な資質
[3] 「キャッチボール」を土台に守備と洞察力を高める
[4] 激しくなるポジション争いを制するのは……

【5月特集】レギュラーを逃さないためのチェックシート

 春の選抜大会優勝、その後も公式戦連勝を続けてきた龍谷大平安が、5月31日の近畿大会準決勝報徳学園に敗れた。相手の校歌を聴きながら、河合 泰聖主将(3年)は、「気持ちの良いものではないですね」と思ったことを語った。
 それから数日後、夏へ向けてスタートをきった龍谷大平安のグラウンドを訪ねた。

河合を中心にチームは力を合わせる

練習前に指示を聞く選手たち(龍谷大平安)

 前のチームから出場している河合 泰聖は、選手たちからの信頼も厚い。積極的な性格で、キャプテンシーを発揮して、チームを勢いに乗せた。それが秋の躍進、選抜優勝につながったのは確かだった。しかし、春季近畿大会準決勝報徳学園戦。

 3回、先発の2年生投手・元氏 玲仁がピッチャーゴロを悪送球。そこからリズムが崩れ失点となった。ファーストの河合が「持ってこい!」と叫ぶも、送球は逸れてしまった。しかし問題は悪送球の後だった。

「本来なら、あの場面で河合を代えている。でも、この交代がチームにとってプラスになるかを考えて代えなかったんです」

 敗戦の翌日は練習を休みにした。自主的に練習に出てきたのは3年生が3、4人。
「春が終わったら、どれだけ早く夏に向かって走り始められるかが大事なんです。彼らもこのままではアカンというのも分かっている。でも俺ら長いこと野球をやってきたものから言わせれば、そう思うのなら、それを行動に移せよ。甘いんやと。今の子は継続することをよく知らないんですよね」

第96回全国高等学校野球選手権記念大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 指揮官が思う平安のレギュラーに必要な資質

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs山田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs乙訓【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs洛星【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第1014回 京都の名門・龍谷大平安は自粛期間をどう過ごしたのか?秋までの軌跡と夏の展望に迫る【野球部訪問】
第1198回 奥村真大(龍谷大平安)はなぜプロ志望を公言したのか?そして狙うは「兄超えの一流選選手」【後編】 【2020年インタビュー】
第1195回 3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】 【2020年インタビュー】
第37回 ベテラン監督による手厚いサポートが魅力の久留米東ボーイズ。選手の希望を叶える指導へシフトチェンジ【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第12回 歴代最多の通算75回の出場!龍谷大平安の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
東山vs龍谷大平安【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
石原 遼大(龍谷大平安) 【選手名鑑】
河合 泰聖(龍谷大平安) 【選手名鑑】
佐々木 翔斗(龍谷大平安) 【選手名鑑】
辰己 大輝(龍谷大平安) 【選手名鑑】
西川 寛崇(龍谷大平安) 【選手名鑑】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

松倉雄太
松倉 雄太
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:大阪府堺市
  • ■ 小学校時代は高石リトルリーグでプレーしていたが、中学時代からは野球観戦に没頭。
  • ■ 極端な言い方をすれば、野球を観る為ならば、どこへでも行ってしまう。高校野球を含むアマチュア野球全体では、年間300試合以上を観戦、取材。
  • ■ 2004年からスポーツライターとなって、『ホームラン』(廣済堂出版)、『高校野球ドットコム』、『スポーツナビ』などに寄稿。また、2005年からはABCテレビ『速報甲子園への道』にリサーチャーとして携わる。2007年には『熱闘甲子園』、2008年は『高校野球本大会中継』にも携わる一方、同局データ放送の『今日の見所』の寄稿も行っている。
  • 「高校野球の歩き方」好評連載中!
  • ■ ブログ:「諸国漫遊!?」(松倉雄太オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

高校野球の歩き方
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム