第139回 大手前高松高等学校(香川)2014年05月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1] 勉強以上の「絶対評価」導入
[2] 悩みと出会いの中で決まった「評価基準」
[3] 「評価基準」を整える上での「決まり事」
[4] 決まり事の精度を高めつつ、絶対評価を得るためのシビアな練習
[5] 甲子園出場・勝利という「絶対評価」を得るために

 今年の春季四国大会優勝でセンバツベスト8の実力を改めて示した明徳義塾(高知)や、第10回BFA・U18アジア野球選手権日本代表監督も務める高橋広監督率いる鳴門渦潮(徳島)など甲子園出場経験校が軒を連ねた中、初出場を果たしたのは春季香川県大会準優勝の大手前高松(香川)だ。 2010年4月、47年ぶりに硬式野球部を復活させて以来、わずか5年目、しかも文武両道を掲げ、学習にも厳しく取り組んでいる進学校にもかかわらず果たした大躍進。そんな彼らを支えたのは詳細な個人データを基にした「絶対評価」。そして選手の対応性をも引き出す確固たる「チーム戦術」である。

勉強以上の「絶対評価」導入

試験後、練習前に2時間の自習時間に勤しむ香川県大手前高松高校野球部の選手たち

 高松市の西南部・栗林トンネル近く。「奥の池」と呼ばれる水と緑に囲まれた場所に大手前高松高校はある。5月14日・水曜日の取材日は中間テスト期間中。本来11時前になれば、選手たちは市内東部地区にある倉田学園グラウンドへバスで向うはずである。が、昼前になっても選手たちが出てくる気配は全くない。その理由は、「松坂世代です」と開口一番・ユーモアを見せた山下裕監督が教えてくれた。

「テスト期間中は練習前に野球部で1つの教室を使って2時間の自習をしているんです。見ていかれますか?」

 現役時代は古高松中→高松一高→大阪体育大と外野手。一年間・初芝富田林(大阪)軟式野球部監督を務めた後、同校軟式野球部監督へ。

「当初は部活動は2年夏で引退。対外試合も月に1回だけ」という厳しい環境から6年間をかけ文武両立ができることを証明。正に選手たちと共に硬式野球部復活を掴み取った指揮官だけに、勉学への取り組みも野球同様に熱い。

 ということで早速、教室を覗かせてもらうと……。選手たちは難解な数学公式を使った数式解きや、古典文学の学習などそれぞれの試験勉強に勤しんでいた。中には質問を携え各教科の先生をつかまえにいく選手も。野球部のスローガンは「感じ・考え・動ける人間になろう」であるが、彼らはこれを勉強でも実践している感がある。

 さらに試験期間以外でも通常平日5日間のうち週1回は練習を行わない補習日がある。週3回は練習後にも1時間「ナイトスタディサポート」と称された全校共通の自習時間が待っている。まずは自分の成績・進路を決する「絶対評価」と立ち向かう。これが大手前高松高校野球部員・1年生18名・2年生15名・3年生16名、計49人の日常である。

 さらに彼らは机を離れ、グラウンドに向かっても「絶対評価」が自分のレギュラー入りやベンチ入りを決めるものさしとなっている。山下監督は自らのipadを巧みに操りながら、詳細な評価基準を説明する。

「打者であれば出塁率。一塁からどれだけ進めたかを示す『奪進塁』を見ています。目標としては打率3割5分以上に加え、出塁率を奪進塁で割った数値は2.0以上。盗塁占有率という盗塁を出塁率で割った数値は0.4以上。打者としてランナーを進めた与進塁は0.75以上です」

 数字が並んだ表は圧巻だ。これに個人スキルとしてスイングスピード125キロ以上、二塁盗塁3.5秒以内(ベースからの3mの位置に左脚をおいた状態から)が加わる。

「この評価基準を冬の練習前に全部選手の前で提示したんです。今年2月の紅白戦メンバーA・B分けも11月からの測定とマシンや全投手との1箇所バッティングで出た成績で決めました。もちろん打席数も全員合わせました」

 勉強以上とも言える絶対評価で決まる大手前高松のレギュラー・ベンチ入り。その根拠として明確な数字を提示されるとなれば、選手たちも言い訳はできない。

【次のページ】 悩みと出会いの中で決まった「評価基準」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園vs高松商【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
高松商vs大手前高松【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
城東vs大手前高松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
藤川 将(大手前高松) 【選手名鑑】
大手前高松 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム