第127回 日本文理高等学校(新潟)2014年03月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]全国屈指の強豪校入りを果たした日本文理のトレーニング方法
[2]選手の自主性が最大限に発揮できる環境づくり

■センバツ2014特設サイト更新中!

第86回選抜高校野球大会 特設ページ

 2009年、第91回全国高等学校野球選手権大会決勝(試合記事:2009年08月24日)。新潟県勢初の決勝に駒を進めた日本文理は、中京大中京相手に苦戦を強いられ、8回を終えて4対10。最終回の攻撃も打者二人が簡単に打ち取られ、二死走者なし。誰もが中京大中京の優勝を確信したその瞬間、ドラマは始まった。四死球、ヒットで打線がつながり、1点また1点と着実に得点。1点差まで追いつく脅威の粘りを見せ見事準優勝。それまでの新潟県の高校のイメージを覆し、新潟県の高校野球史に確かな軌跡を残した。

 昨夏の選手権では、強豪・大阪桐蔭(試合記事:2013年08月08日)に敗退したものの、新チーム始動後すぐに幕を開けた秋の大会では、1試合1試合、試合を重ねるごとにチームがまとまりを見せ、県大会優勝。春の選抜出場権を掛けた北信越大会でも2つのサヨナラ勝ちを収め優勝。北信越覇者として出場した昨秋の明治神宮大会でも北信越大会覇者の貫禄を見せつけ、決勝の沖縄尚学戦(試合記事:2013年11月21日)では惜しくも逆転負けしたものの、見事準優勝を果たした。新潟県、いや既に全国屈指の強豪校に仲間入りした彼らは、どんなモチベーションで一体どんな練習を行っているのか。その練習をのぞいた。

全国屈指の強豪校入りを果たした日本文理のトレーニング方法

 積雪のため冬季はグラウンドを使った練習が満足にできず、その差が野球後進県と言われてきた新潟県。だが前述のような活躍ぶりを見れば、その差は誰も感じないだろう。
 取材に訪れたのはシーズン開幕前。青空が広がるものの、寒波で風が冷たい8時50分に同校を訪れると、室内練習嬢では既にアップがはじまっていた。部員全員がまとまって、軽いランニングやダッシュを行う。冬季の練習は、寒さ=ケガにつながりやすくなるため、念入りに時間を取り、体を温める。約40分、体がほぐれてきたところで、選手は「校舎」「グラウンド」「室内練習場」の3班に分かれて練習を始める。部員数が多いため、時間で区切り、練習場所を3箇所に分けて行うのである。ここでこの日のメニューを紹介しよう。

投手陣はバランスボールを使い、下半身強化に取り組む

■「校舎」でのトレーニング

 「校舎」では、階段・廊下でダッシュや、中小距離走が主。投手陣は、投手陣を取りまとめている海津コーチが考案した「下半身強化メニュー」のファイルを見ながら、いくつかのメニューをピックアップし、筋力トレーニングやバランスボール、プレートを使ったトレーニングなどをバランスよく行う。投手陣のリーダーでエースの飯塚 悟史(2年・投手)が率先して声を出し、自ら厳しい負荷のトレーニングを課す姿が非常に印象的だった。

様々なバリエーションでノックの練習

■「グラウンド」でのトレーニング

 「グラウンド」では、硬式ボールを使いながら体力強化をするプログラム。受ける側は飛びついてボールを捕球するメニューや、ボールの軌道が不規則に変化する水分を含んだ土のグラウンドでダッシュからショートバウンド捕球、二点間を行き来するフライの捕球、体幹を意識し前に出す足を交互に入れ替える捕球練習などが行われている。天候が悪化すると外での練習はできなくなるため「グラウンド」に出た選手たちは、厳しい練習に苦悶しながら、どこか明るく晴れやかな表情を見せていた。

打撃は一つ一つテーマをもって取り組む

■「室内練習場」でのトレーニング

 「室内練習場」は主にバッティング練習。マシン打撃、コーチが投げるバウンド投球を打つもの、選手が交代で打撃投手を務める3種類を行う。当然、3つの練習しかないため、同時に出来るのは3人。当然待っている選手が出てくるのだが、その選手も鏡を見ながら打撃フォームをチェックしたり、腹筋・背筋、ウェイトトレーニングなどを行い、準備を怠らない。また、打撃練習を行っている3人も、単純に打つのではなく、どんな状況で自分がどんなバッティングをしたらいいのか、1打席1打席テーマを持って臨んでいるという。

このページのトップへ

【次のページ】 選手の自主性が最大限に発揮できる環境づくり

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 高校野球を終えたキミたちへ 恩師からの手紙 ~日本文理キャプテン・平野貴史~【高校野球は空の色】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第3回 尽誠学園(香川・18年ぶり7回目の出場)2016年夏以来の聖地で 「18年ぶり聖地1勝」のその先へ【センバツ2020】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
日本文理大附 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム