第123回 沖縄尚学高等学校(沖縄)2014年03月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

明治神宮大会Vの沖縄尚学(沖縄) 選抜も「挑戦者」の気持ちで

 沖縄尚学ナインは2013年、沖縄県勢初の"秋の"九州大会連覇を達成しただけではなく、新垣 渚(ソフトバンク)らを擁した沖縄水産の準優勝1997年 第28回明治神宮大会が最高位だった明治神宮大会の優勝旗を沖縄県に初めてもたらした(2013年11月21日)。これにより沖縄県勢は九州大会、選抜大会、選手権大会、国体と合わせて全ての全国区の大会で頂点に立つことが出来た。

沖縄尚学・赤嶺 謙主将

 主将の赤嶺 謙選手(新3年)やエース山城 大智投手(新3年)など、全国高校野球選手権大会に同行しているメンバーが多くいながら、残ったメンバーで新人中央大会3位に進出。圧倒的な選手層の厚さで、秋季県大会も準決勝までの4試合で、失点ゼロ。

 決勝の美里工戦(2013年10月09日)も規定の9イニングを無失点に抑えていたのだから、32イニング連続無失点であった。延長10回に3点を奪われて敗れたが、その悔しさを取り返そうと九州大会では打線が爆発。4試合で20得点を重ねると、明治神宮大会ではその強打にさらに拍車が掛かり33得点を数えた。

 ここ2年間の公式戦(春夏秋)は通算40勝8敗、勝率.833。明治神宮大会と2度の九州制覇に加えて、県大会では5季連続(13年春は選抜出場)、決勝へチームを進出させている比嘉 公也監督。
「 昨年の甲子園を経験している子を中心に"振れる"子が多い。またチームでは、唯一何処でも守れる久保 柊人の存在が大きい。彼がセカンドでもライトでもピッチャーでも行けるので、ベンチのコマが減らない。大智はこの冬でストレートはより速くなりました。あとは変化球とのバランスが合えば大丈夫でしょう」とチームについて語る。

 一方、赤嶺 謙主将は「周りは全国王者と見るでしょうが、僕らは挑戦者のつもり。目指すは優勝ですがまずは初戦です」と来る大舞台へ気を引き締める。

沖縄尚学・山城 大智投手

 秋の防御率1.13と孤軍奮闘した大黒柱、山城 大智投手だが、九州大会決勝での美里工戦(2013年10月31日)や、明治神宮大会決勝での日本文理戦(2013年11月21日)のように序盤で崩されてしまう面もあった。比嘉監督も懸念しているようだったが、そこは山城投手への期待の大きさがあるからこそ。
 沖縄尚学の理念でもある"気負わない"姿勢で山城投手がマウンドへ上がれば、相手はそう簡単に打ち崩せない。打線はこの冬で右打ちを徹底してきたというだけあって、ミート力と破壊力がさらに増した感がある。
 2001年に明治神宮、2002年に選抜大会を制した報徳学園以来の秋・春2冠の可能性を十分に秘めたナインと言えるだろう。

◆次のページでは、フォトギャラリー特別Ver.を公開中!

 (文・写真 當山 雅通


センバツ2014特設サイト更新中!

第86回選抜高校野球大会 特設ページ

【次のページ】 フォトギャラリーを見る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学vs那覇【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄水産vs沖縄尚学【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
沖縄尚学vs宜野座【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第27回 チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)【冬が僕らを強くする2020】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学) 【2019年インタビュー】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム