目次

【目次】
[1]両翼30メートルのホームグラウンド
[2]年間通して行う「ヨガ」
[3]フィールディング練習でフォームを作る


両翼30メートルのホームグラウンド


 「狭い」とは聞いていたが、想像以上の狭さだった。
 グラウンドよりは公園といったほうがいい。両翼と呼ぶほどの広さはなく、一塁線も三塁線も約30メートルの直線が取れる程度。外野ノック、カットプレーの練習はとてもじゃないができない。

「みなさん、驚かれますよ」

 迎えてくれたのは、06年6月から指揮を執る石黒滉二監督だ。もともとは1942年に創立された伝統ある女子校・橘女学校だった。それが2004年から橘学苑に改称し、06年には男女共学に。この流れの中で生まれたのが野球部だった。

「はじめは同好会にちかいようなものでした。今でも覚えているのは、夏の大会のノックをノックバットではなく、選手が使う金属バットで打ったこと。ボールがなければ、ノックバットもない。ベースは段ボールを切ったものを使っていました」

▲石黒滉二監督(橘学苑野球部)

 石黒監督は神奈川の名門・桐蔭学園のOBで、東海大学時代には拓大紅陵(千葉)でコーチ修行。卒業後は藤嶺藤沢(神奈川)でコーチ、厚木シニア(神奈川)の監督を務めるなど、経験を重ねてきた。

 石黒監督に率いられた野球部は、創部3年目の08年に北神奈川大会の3回戦に進むと、09年夏にベスト16、09年秋にベスト8、そして10年春にはセンバツ優勝帰りの東海大相模を9対3で下し、初めてベスト4に進んだ。しっかりと着実に、階段をのぼっている。

このページのトップへ