野球部訪問 第58回 龍谷大学付属平安高等学校(京都)

目次

【目次】
[1]2月の時期のモチベーションを高めるために
[2]プロ入りしたOBが取り組んだ高校時代の冬トレーニング
[3]冬に腹をくくって鍛錬できるかが分かれ道


特集 シーズンインまで突っ走れ

2月の時期のモチベーションを高めるために

向上

"自分で考える力をつけて欲しい(原田監督)"

 この冬一番の寒波の影響で、グラウンドには小雪が舞っていた。だが、その冷えきった空気を引き裂くような力のこもった指揮官のノックボールが、勢いよく放たれていた。
 熱血な指導で知られる原田英彦監督は、チームを率いて来年で20年になる。「自分も平安ファン」と公言するほど母校を愛し、厳しくも、この上ない熱情を指導にたっぷり注ぎ込んでいる。

 龍谷大平安高。春は36回、夏は31回の甲子園出場を数える、言わずと知れた全国屈指の伝統校だ。普段は学校が位置する京都市下京区からバスで40分ほど離れた京都府亀岡市のグラウンドへ移動するのだが、冬季の12月中旬から2月の約3ヶ月間はグラウンドが低温で凍結するため、学校のグラウンドでの練習となる。

「学校での練習は中学の軟式野球部も含め、他の部活動と一緒になります。軟式野球部とはグラウンドや室内練習場をローテーションで回すので、冬場は原則的に打撃練習はできません。ですので、今はランニングや基礎練習が中心になります。でも、最近の子は同じメニューを繰り返すとすぐに飽きてしまうので、曜日ごとにメニューを細かく入れ替えるなどして工夫するようにしています」(原田監督)

 この日は学校でのノック中心の練習だったが、冬季の練習はシーズン中に比べて密度の濃い反復練習が多い。ただ走る、筋力トレーニングをする、だけでは惰性になり、目標も失いがちになる。そこで考えたのが、指揮官の社会人時代の経験を踏まえた“日替わりメニュー”だ。

「日本新薬で営業職をこなしていた頃なのですが、土日が休みで、“さあ1週間頑張るぞ”という月曜の朝に、いつも長々とミーティングがありました。週の最初からその流れになると、もう、ドッと疲れてしまうんです。練習でも同じ。月曜日は原則的に全体練習が休みで、週の中で一番動きが悪いのが火曜日。そこにいきなりノックの雨だと疲れて以降のモチベーションにも繋がるので、週の中で細かくメニューを組むようにしました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。