国士舘高等高等学校

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第38回 国士舘高等学校(東京)2011年06月30日

【目次】
1.4試合で長打14本のパワー打線
2.選手が力を発揮しやすい環境を作るのが、指導者の仕事
3.自主練習のモチベーションを選手同士でアップ

4試合で長打14本のパワー打線

【国士舘=守備・走力のチームカラーに、新たに“強打”】

 昨夏の東京大会5回戦で、東東京の横綱・帝京高校を14対6の7回コールドで打ち破った国士舘高校。

「去年の帝京戦は、相手をビックリさせるようなこと。嫌がる野球をやっていかないと、こちらに勝機はないと考えていました」と、箕野豪監督は序盤からエンドランを仕掛け、国士舘自慢の機動力を武器に果敢に帝京を攻め続けた。

 また、150キロ投手を擁する帝京の投手陣対策として、大会前から打撃練習ではエア式のトップガンを使用。各バッターは打席に立って150~160キロ近くの速球を体感して目を慣らしていった。実際の試合で国士舘は、当時2年生だった伊藤 拓郎など帝京の4投手を引きずり出し、計15安打の猛攻をみせている。

 白星を挙げた準々決勝までの5試合で43得点を叩き出した国士舘は、この年の夏、東東京大会ベスト4まで駒を進めた。準決勝では修徳に敗れるも、これまでの「国士舘=守備・走力」のチームカラーに、新たに“強打”を印象づけた夏となった。

 そして、今年の春季東京大会でもベスト16入り。準々決勝までの4試合で長打14本。うち7本塁打を6人の打者で放つなど、打撃力の高さは昨夏に続き、今年のチームも健在だった。

 かつて国士舘といえば、守備力強化のために、いち早く地下足袋を導入するなど、「守り重視」でチームを作り上げてくるイメージが強かった。それは、1983年からの22年間、国士舘を率いてきた永田昌弘監督(現国士舘大監督)が作り上げてきたものだ。

 そして5年前、国士舘高校野球部に永田前監督の教え子でもある箕野監督が就任すると、これまでの伝統を継承しつつ、新たな風を徐々に吹き込んでいった。箕野監督は、国士舘高から東北福祉大卒業後、社会人野球の強豪・松下電器(現パナソニック)などで内野手として活躍。05年には日本選手権で優勝を経験。現役時代、自身のウリでもあった走塁やバッティングの理論を現在は、高校生向けに分かりやすく噛み砕いて伝えている。

このページのトップへ

【次のページ】 国士舘高等学校(東京)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第828回 キューバ遠征から見えた国際大会での戦い方【大会展望・総括コラム】
第827回 「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡【大会展望・総括コラム】
第827回 東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!【大会展望・総括コラム】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs国士舘【2018年 第49回明治神宮野球大会】
東海大菅生vs国士舘【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
国士舘vs東亜学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】 【2018年インタビュー】
都立城東vs国士舘【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
国士舘vs関東一【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】
コメント (1)
優勝すると信じろ!2018.07.19 前橋聰明
こんにちは!今日は久し振りに母校国士舘の野球(5回戦)の応援に八王子まで行ってきました。
久し振りに見た永田監督、スマートになられダイエットしたのかなが第一印象でした。。
試合は相変わらず選手への永田イズム、堅実な守備と走る野球、懐かしい地下足袋の守備の練習を思い出しました。
攻撃もエラー絡みとは言えコールド勝ちおめでとうございます!
今日の試合を見て、間違いなく決勝まで行くと思いました。
相手は日大三高だと思います。永田イズムは選手に浸透しておりますが、あとは選手個々が「勝つと言う強い気持ちが有る」かどうかです。同じ高校生がやる事ネガティブ志向は絶対ダメ!自分を信じる事が重要(出来る!そのために努力してきたんだろう!)。また3年生はここまで好きな野球をやらせてくれた両親等に感謝する集大成です。気持ちを楽にして活躍して是非、ご両親をはじめとして関係する人たちを甲子園に連れて行ってあげて下さい。信じろ!
追伸
我が母校の応援はいいのですが、70歳台のおじさん2人、大きな声で相手チームの誹謗中傷もいい加減にして、もう少しスマートな応援をして下さい。
あまりひどいので席を移動して観戦しました。
                昭和41年卒業生より

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム