国士舘高等学校2011年06月30日

【目次】
1.4試合で長打14本のパワー打線
2.選手が力を発揮しやすい環境を作るのが、指導者の仕事
3.自主練習のモチベーションを選手同士でアップ

4試合で長打14本のパワー打線

【国士舘=守備・走力のチームカラーに、新たに“強打”】

 昨夏の東京大会5回戦で、東東京の横綱・帝京高校を14対6の7回コールドで打ち破った国士舘高校。

「去年の帝京戦は、相手をビックリさせるようなこと。嫌がる野球をやっていかないと、こちらに勝機はないと考えていました」と、箕野豪監督は序盤からエンドランを仕掛け、国士舘自慢の機動力を武器に果敢に帝京を攻め続けた。

 また、150キロ投手を擁する帝京の投手陣対策として、大会前から打撃練習ではエア式のトップガンを使用。各バッターは打席に立って150~160キロ近くの速球を体感して目を慣らしていった。実際の試合で国士舘は、当時2年生だった伊藤 拓郎など帝京の4投手を引きずり出し、計15安打の猛攻をみせている。

 白星を挙げた準々決勝までの5試合で43得点を叩き出した国士舘は、この年の夏、東東京大会ベスト4まで駒を進めた。準決勝では修徳に敗れるも、これまでの「国士舘=守備・走力」のチームカラーに、新たに“強打”を印象づけた夏となった。

 そして、今年の春季東京大会でもベスト16入り。準々決勝までの4試合で長打14本。うち7本塁打を6人の打者で放つなど、打撃力の高さは昨夏に続き、今年のチームも健在だった。

 かつて国士舘といえば、守備力強化のために、いち早く地下足袋を導入するなど、「守り重視」でチームを作り上げてくるイメージが強かった。それは、1983年からの22年間、国士舘を率いてきた永田昌弘監督(現国士舘大監督)が作り上げてきたものだ。

 そして5年前、国士舘高校野球部に永田前監督の教え子でもある箕野監督が就任すると、これまでの伝統を継承しつつ、新たな風を徐々に吹き込んでいった。箕野監督は、国士舘高から東北福祉大卒業後、社会人野球の強豪・松下電器(現パナソニック)などで内野手として活躍。05年には日本選手権で優勝を経験。現役時代、自身のウリでもあった走塁やバッティングの理論を現在は、高校生向けに分かりやすく噛み砕いて伝えている。

このページのトップへ