春日部共栄高等学校

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第37回 春日部共栄高等学校(埼玉)2011年06月22日

【目次】
1.就任32年目を迎える本多監督の信念とは?
2.やらされる野球に進歩なし
3.監督と交わした3年生の約束

就任32年目を迎える本多監督の信念とは?

 午後7時、照明が消えたグラウンドの中、総勢100名を超える野球部員たちが、息と足並みをピタリと揃えて走り、一日の練習を終える。先頭を走る23人の3年生部員の足の動きに合わせて、最終列の部員が「左、左、左」と小刻みに声を掛ける。まだ入部して2か月ほどの1年生51名も交えながらも、見事なまでに揃ったランニングを一日の練習の締めくくりにみせてくれた。

 グラウンドの中には、指導陣の影はない。誰かに見られているから、言われるからではなく、「自分たちがどうしたいのか」全員がその問いに向き合いながら、彼らは常にグラウンドに立ち続けている。それが、本多利治監督が今までも、そしてこれからもずっと目指し続けていく春日部共栄高校野球部の姿だった。

 今年で就任32年目となる本多監督は、春日部共栄高校が1980年に開校したのと同時に、野球部を率いている。

「最初はグラウンドもない中で、野球部がスタートしました。負け続けると、このままでいいのかなと不安に思うこともありましたが、自分自身と葛藤しながらも、信念と決意を持ってここまできました」。

 本多監督の信念とは、“勝つ野球ではなく、育てる野球”だ。

「高校野球は甲子園が全てじゃないんです。甲子園というところをなぜ目指すのか?目的は何か?そこを考えさせるようにしています。大会も『普段の練習の成果を見てもらいなさい』と伝えています。練習は人にやらさられるのではなく、自らやることが大切なんです」。

「考えることこそ実勢。これぞ高校野球というのをやってやろう」と本多監督はその信念を貫いて、春は2度、夏は4度の甲子園に出場。さらに就任14年目の1993年夏の甲子園では全国準優勝を果たした。

 また、「ずっとこういう野球部を目指していました」(本多監督)と、ここ10年ほど前から「小学校の時から春日部共栄で野球がやりたかった」と憧れを抱いて入部する部員も増えてきたという。創部当初は、夢のまた夢として思い描いていたチームに、本多監督の言葉を借りるなら“自分に負けなかった”からこそ。決意を持ってグラウンドに立ち続けていったからこそ、野球部を成長させていくことができたのだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 春日部共栄高等学校(埼玉)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昌平vs春日部共栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
細田学園vs大宮東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
春日部共栄vs山村学園【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs春日部共栄【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
春日部共栄vs八潮南【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第916回 目指すは甲子園で本塁打!大谷翔平に憧れる平尾 柊翔(春日部共栄) 【2019年インタビュー】
第914回 4番エースに相応しい選手になるために 村田賢一(春日部共栄)【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
春日部共栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム