「山形県立北村山高等学校」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第20回 県立北村山高等学校(山形) 4/42011年01月30日

【目次】
1.本当のボランティアとは?
2.練習試合をした監督から見た北村山
3.山形で一番、思う

本当のボランティアとは?

大きな文字で書かれたチームのテーマ、「笑」の文字

 21世紀枠に推薦された理由の一つに除雪作業のボランティアがあった。近くの施設や一人暮らしの老人宅の雪かきをするのだ。だが、只今、部員は10人。とてもじゃないけど、手が回らない。そしてボランティアとは一体、何のか?
「昔は、知的障害者の施設があって、その1階が埋まるのでやったりしていたんですけど、最近は外よりも中を中心に。この間もドーンと降った時に駐車場が雪まみれになったので、朝から雪を崩して、先生方の車を止められるようにしました。昇降口も雪が積もっているので生徒が通れるようにして。大雪が降ったら朝練はやめて出動。今は中へ、中へ、中へ。外のボランティアもいいんですけど、自分のところに重機入れて金だして、外のところを無料でやるっていうのもおかしいなって思って。外というのは、

他から見られることを意識しているような気もするし、とにかく中で。自分の朝起きてから夜寝るまでの行動範囲の中で何かしら誰かの役に立つような形ですかね」

 そして、石井監督は言う。
「雪かき部じゃないので。言っているのは、雪かき部でもないし、ボランティア部でもなくて、野球部なんだ。雪かきして喜ばすくらいだったら、勝って喜ばせようって。雪かきしてもらうために町の人がよくしてくれるんじゃなくて、がんばって勝って、『わー、勝ったねー』『いがったねー』って言ってもらえるように。笑うをテーマにしていますけど、自分たちじゃなくて、支えてくれる人たちを笑かそうって取り組んでいるんですけどね」

~山形1番から~ 北村山の目指す野球

 ボランティアとは一体、何なのか?2年前の主将が練習試合で死球を受け、バットをぶん投げたという。それを石井監督はひどく叱った。相手の監督からも「お前みたいなのを山猿って言うんだよ」と言われたそうだ。
「その後、そいつのお母さんが『最近ゴミをいっぱい持って帰ってくるの。何ででしょうかね?』って言ってきたんですよ。そしたら、登下校中にゴミを全部拾って自分のかばんに入れて持ち帰ったと。彼は鮭川村って、ずいぶん遠いところから電車を乗り継いで通ってくる子だったんですけど。人知れずですね。彼は今、東京でホテルマンやっています」

 21世紀枠でのセンバツが絶望となった翌日、石井監督は「まずは、山形1番から~21世紀枠での甲子園出場を逃した今~」と題して思いを綴った。北村山が目指す野球が凝縮されている、その紙は室内練習場に張られている。その中に「山形で一番スタンドを魅了する野球」という言葉がある。

 さらにチームのテーマは「笑う」だ。監督室には「笑」と書かれた大きな書がある。そして、Tシャツには「It’s 笑-show-Time!」の文字が躍っていた。

このページのトップへ

【次のページ】 県立北村山高等学校(山形) 4/4(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 県立北村山高等学校(山形)【僕らの熱い夏2012】
第18回 県立北村山高等学校(山形) 3/4【野球部訪問】
第17回 県立北村山高等学校(山形) 2/4【野球部訪問】
第15回 県立北村山高等学校(山形) 1/4【野球部訪問】
北村山vs山本学園【山形県 2010年秋の大会 山形県大会】
北村山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム