「野球部訪問」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第12回 生光学園高等学校(徳島)2010年12月31日

【生光学園高等学校】

いきなりであるが、最初に読者の皆さんへ1つ、2択クイズを出題したい。
「全国47都道府県において、私立の高等学校が甲子園に出場したことがない県はない。○か×か!」

答えは○。唯一、徳島県だけがこれまで一度も私立高等学校の甲子園出場がない県となっている。そして今回紹介するのは、その徳島県ただ1つの高校野球連盟加盟私学校「生光学園高等学校」である。開校翌年、1980年に野球部が創部して以来、これまで何度も跳ね返されてきた夢舞台。しかし、必ず扉は開く。そう信じて生光学園の部員たちは今日も走り続けている。

このページのトップへ


甲子園への道を阻む「勝負弱さ」

貴重な左のワンポイントとして日本ハム、阪神で92試合に登板し、現在は阪神の打撃投手を務める原田健二。言わずと知れた北海道日本ハムのリリーフエースである武田久。そして昨年のドラフトで晴れて広島からドラフト7順目指名を受けた弦本 悠希。創部30年で、3名のプロ野球投手を輩出していることからも明らかなように、生光学園は徳島県のみならず四国でも強豪校の1つとして認知されている。

だが、不思議なことに甲子園出場はこれまで一度もない。学校の目の前にほぼフル規格のグラウンド。

かつ多くの選手が学校隣接地にある寮で生活を送るなど、野球に取り組むにはこの上ない環境を持つ。夏は、武田が2年生エースだった1995年の徳島大会準優勝の成績を筆頭に、ベスト4に6度進出、ベスト8も8度進出。秋も1995年、2005年にベスト8と、5度の四国大会出場を果たしながら、いずれもあと一歩のところで膝を折ってきた。では、その要因は何なのか?

「今までは誰かがしてくれる『だろう』だったんです」。現役時代は富岡西-國學院大と進み、平成8年に生光学園部長に就任。その後、2年間の県高野連理事長や1年間のコーチを経て、今年で監督就任6年目を迎える山北栄治監督はこのような分析を加える。

確かに過去に筆者が目にした彼らにおいて目に付いたのは、徳島商鳴門工など全国でも名だたる強豪公立ばかりでなく、「生光にだけは」とアドレナリンを充填して立ち向かってくる公立高たちの「包囲網」に対し、想定外のビハインドを背負った際における粘りの無さ。このように選手個々に勝利への気持ちはあれど、それが肝心な時に結束できない意味においては、過去の生光学園は残念ながら「勝負弱い」と判断されても反論できないものであった。

このページのトップへ

【次のページ】 生光学園高等学校(徳島)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
生光学園vs鳴門渦潮【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
生光学園vs脇町【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
生光学園vs城西【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
第727回 【徳島展望】王座奪還か、連覇か、それとも初頂点か?群雄割拠・徳島の夏開幕【大会展望・総括コラム】
第83回 徳島商から池田の一人勝ち、そして渦潮打線復活の鳴門の台頭で新勢力図か【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs生光学園【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
生光学園vs海部【徳島県 2017年秋の大会 徳島県秋季大会】
第379回 徳島大会ベスト8展望 史上初、5年連続夏甲子園出場目指す「進撃の巨人」鳴門にくさびを打つのは誰だ?【大会展望・総括コラム】
生光学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム