「野球部訪問」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第6回 済美高等学校 / 県立松山北高等学校(愛媛)2010年07月07日


加盟校4132校。
全国の高野連の加盟校数である。(2009年5月時点)
様々な環境の下、全国でこれだけの高校で球児達が毎日白球を追いかけている。
今月から新企画・「野球部訪問」は、全国津々浦々、様々な野球部を訪問。
頑張っている球児や指導者の高校野球への取り組みを紹介していく。
第6回は愛媛の済美高等学校と県立松山北の3年生送別試合をレポートします。

ここも「僕らが輝く舞台」

元気一杯の済美3年生たち


夕闇迫る坊ちゃんスタジアムのカクテル光線に照らされ、ホームベース前に集合した済美、松山北の選手たち。そして背中には真新しい背番号も付けられている。

ただしこれは公式戦でも、夏の大会を目前にした練習試合ではない。試合に出場したのは「高校で野球は終わりかもしれないので、思い切って投げた」済美・石井裕介をはじめとする主力選手ではない3年生がほとんど。すなわちこのゲームは「3年生送別試合」と銘打たれた両校にとって特別な試合である。

中京大中京大府が3年生の送別試合をやっているという話を聞いて感銘を受けた」済美・上甲正典監督が済美同様に多くの野球部員を擁し、野澤善浩校長の出身校という縁もある松山北に声をかけてスタートしたのが昨年。今年はマドンナスタジアムから愛媛県高校野球の殿堂である坊ちゃんスタジアムに場所を移し、「3年間高校野球でやったことは人生の中で糧になる。今日は補欠であろうと選手であろうと一丸となってやれた」と上甲監督も語ったように、3年生主力選手と1・2年生によるスタンドから送る声援の中、両校の選手たちは公式戦さながらのハッスルプレーを見せていた。


岩城慎也(3年)を出迎える松山北・井上伸二監督

また試合の中ではこんな感動的なシーンも。3回表・松山北の攻撃。平凡なファーストゴロにも果敢にヘッドスライディングする執念を示した先頭バッターの岩城慎也(3年)に、ベンチで出迎えた井上伸二監督は声をかけ、ヘルメットを優しく撫でる。そして岩城は監督のユニフォームを支えに肩を震わせて泣いていた…。

井上監督は試合後、声をかけた理由をこう語ってくれた。「岩城は野球が決してうまくないが、勉強をしっかりやりながら続けて野球をやってきてくれた子です。そしてやってきたものを今日表現してくれた。あれはおじいちゃんになっても孫に語れるヘッドスライディングになります」。

そう、ここも「僕らが輝く舞台」。夏の大会ではそれぞれの場所で闘うことになる彼らであるが、この日は間違いなく一人ひとりが一番の主役であった。

【結果】
済美 10-3 松山北

【バッテリー】
松山北:森田康平‐大北雅史
済美:石井裕介、泉井康佑-廣瀬翔人、福泉誠人


【関連記事】
もう一つの甲子園」(人間力×高校野球)

このページのトップへ


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
松山北 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム