昨夏、U-18代表の内海 優太外野手や、今秋のドラフト候補・真鍋 慧内野手(2年)らを擁す強豪・広陵が、選手権広島大会の3回戦で敗れるという大波乱が起きた。名門校の思わぬ敗戦は、全国の高校野球ファンに大きな衝撃を与えたが、同時に大金星を挙げたチームにも注目が集まった。

 広島県福山市に校舎がある英数学館東海大相模(神奈川)でコーチ経験もある黒田 元監督のもと、緻密な戦略で大金星を挙げ、そのユニークなチームづくりも話題に。

 一躍注目の的となったが、それでも毎年の代替わりも高校野球の難しさの1つだ。センバツを懸けた昨年秋季大会では、東部地区予選2回戦で神辺旭に惜敗し、爪痕を残せぬまま秋を終えた。

 大金星を経て、新たな歴史を作るために英数学館の選手たちはどんな思いでチームを作っているのだろうか。

未熟なチームに多くのことを求めることはできない



住中 智也(英数学館)

 「新チームは、広陵戦も含めて夏試合に出ていた選手が4人いて、ある程度できるだろう思っていたし、選手たち自身も思っていたと思います。でも思った以上に色んなことが上手くいかなくて、私も選手たちに謝ったことがありました。この代は、できるだろうという目でずっと見ていたので」

 ジャイアントキリングを経験し、自信を持って臨んだ新チームだったが、なかなか勝てない現実を突きつけられた。野球が上手く、経験もある選手がいれば勝てるほど、野球は甘いものではない。黒田監督は、その事実を改めて痛感させられた。

 主将を任された住中 智也内野手(2年)も、3年生の存在の大きさ、そしてチームワークの大切さを身に染みて痛感している。

 「やっぱり3年生の力が、とても大きかったんだなと感じます。広陵との試合前も誰も負けることを考えていなくて、みんな気持ちが高ぶっていました。

 夏に出場していた4人の選手がチームを引っ張っていますが、なかなか前チームのように上手くいきません。先輩たちには先輩たちの色がありましたが、その色は自分たちには出せないと思うので、自分たちの色を作っていくしかないと思いました」

 未熟なチームに、多くのことを求めることはできない。

 黒田監督は、求めるポイントを3つに絞り徹底を促した。それが「ボール球への反応・全力疾走・バント」の3つだ。

「元々このチームには、『繋がる』というテーマがありました。打線の繋がり、声の繋がり、心の繋がり。人と人が繋がらないとやっぱり野球は勝てません。

 じゃあ、どうやって繋がるのか考えた時に、まずはボール球の見極めが大事です。特に新チームは、ミスやフォアボールも多いので、ボールの見極めが大事になります。そして2つ目が全力疾走。シンプルですが全力疾走してたらみんなで褒めて、どんな時も諦めない姿をチーム一体となって見せる。そしてそれがプレッシャーとなって、相手のミスにも繋がります」

 3つ目は、唯一技術的なことを求めた。それが送りバントだ。黒田監督は「バントはスランプの際の保険」だという。打撃で貢献ができない時でも、仮にツーストライクからバントができる力があれば、それだけで打線が繋がることになる。打撃に自信のない選手はもちろんのこと、調子が悪くても繋がりに貢献できる術をすべての選手に求めた。

 「バンドが決まれば、打線が繋がるだけじゃなくて、『ナイスバント』とベンチも盛り上がって心の繋がりも生まれます。1つのプレーでたくさんの繋がりが生まれ、これが自然にできるチームになると本当に強いチームになると思うんです」